医療ニュース

  • 「閉所恐怖症」って英語で? 「閉所恐怖症」のほか、「高所恐怖症」とその簡単な表現についてもご紹介します。患者さんが使うのは、この簡単な表現のほうかもしれません。 2020/01/21 10:00:10
  • ドイツで見た医師たちのこだわり ドイツから医療、生活をお届けする安健太氏のエッセイ。第2回は、臨床留学のきっかけと初めてみたドイツの医療現場の感想です。 2020/01/21 10:00:00
  • 中国と日本の医学研究者は週末や深夜に仕事をする人が多いようだ(解説:折笠秀樹氏)-1169 2012年から2019年にかけて、BMJ/BMJ Open誌に論文が投稿された日時を調べた。加えて、同誌の査読が提出された日時も調べた。週末や深夜に提出されることも多々あり、医学研究者の仕事は9時5時とは限らない現実が明… 2020/01/21 10:00:00
  • 嚥下障害のある患者にも使用できるパーキンソン病貼付薬「ハルロピテープ」 本剤は、嚥下能力の低下した患者や消化管障害がある患者にも使用でき、家族や介護者が管理しやすいパーキンソン病治療薬として期待されています。下平秀夫氏が解説します。 2020/01/21 09:59:00
  • 新型ウイルス肺炎で4人目の死者 中国 武漢の保健当局 中国で感染が広がる新型のコロナウイルスによるものとみられる肺炎について武漢市の保健当局は、新たに89歳の男性が死亡したと21日朝、発表しました。この肺炎の患者で死亡したのは4人目です。 2020/01/21 06:59:34
  • 天皇ご一家 映画版「キャッツ」 チャリティー試写会に 天皇ご一家は20日夜、東京都内で人気ミュージカル「キャッツ」を映画化した作品のチャリティー試写会に出席されました。 2020/01/21 05:42:07
  • 中国 新型ウイルス肺炎が拡大 患者218人に 習主席が重要指示 中国では新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎の感染が拡大し、患者の数は218人となりました。習近平国家主席は情報を直ちに発表するよう関係部門に直接指示を出し、2003年の新型肺炎「SARS」の際に情報を隠蔽して感染が拡大したことから、情報提供を強化する姿勢を強調しました。 2020/01/21 05:29:18
  • 核燃料の落下示す信号出るトラブル 実際は落下なし 伊方原発 愛媛県にある定期検査中の伊方原子力発電所3号機で20日、貯蔵プール内の核燃料が落下していないにもかかわらず、落下を示す信号が出るトラブルがあり、四国電力は当時の作業に問題がなかったか調べています。 2020/01/21 05:15:08
  • パウダーの会陰部使用は卵巣がんと関連?/JAMA  米国で行われた4つの前向きコホート研究の女性被験者のデータをプール解析した結果、会陰部でのパウダー使用と卵巣がん発生に、統計的に有意な関連はなかったことを、米国・国立環境衛生科学研究所のKatie M. O’B… 2020/01/21 04:00:00
  • 前糖尿病状態から糖尿病にならないために  前糖尿病者において、肥満かどうかにかかわらず体重を増加させないことで糖尿病発症リスクを最小限にできることが、国立国際医療研究センターのHuan Hu氏らの研究で示唆された。体重を減らすことは肥満者が前糖尿… 2020/01/21 04:00:00
  • 果物や野菜の摂取とうつ病との関連  うつ病は、世界的に主要な精神疾患である。韓国における成人のうつ病有病率は、2006年5.6%、2011年6.7%、2013年10.3%と増加が認められる。韓国・建国大学校のSe-Young Ju氏らは、韓国人成人のうつ病の有病率と… 2020/01/21 04:00:00
  • アルツハイマー病の進行予測にタウPETが有用か  脳画像検査の最新技術を用いた研究から、アルツハイマー病の進行には、アミロイドβタンパク質(Aβ)よりもタウタンパク質の方が強く関与している可能性が示された。この研究を実施した米カリフォルニア大学サンフ… 2020/01/21 04:00:00
  • ミケランジェロの医学知識を示すダビデ像の特徴とは?  ルネサンスの巨匠ミケランジェロの代表作であるダビデ像には、彼が解剖学的知識を持っていたことを示す「しるし」が刻まれているとする報告が米マリアン大学の医師Daniel Gelfman氏により発表された。たいていの… 2020/01/21 04:00:00
  • 「食事の質」は中途失明の一因か  牛や豚などの肉(赤肉)や脂肪の多い食事を取る高齢者では、そうではない人と比べて、病変が進行した後期加齢黄斑変性(AMD)の発症リスクが約3倍に上る可能性があることが、米ニューヨーク州立大学バッファロー… 2020/01/21 04:00:00
  • 学習アプリで子どもは賢くなる?  スマートフォン(スマホ)やタブレット、ノートPC―今やどの家庭にもあるこうした携帯型のデバイスに幼い子どもは夢中になる。そんな子どもの好奇心を活用して、こうしたデバイスのアプリを使えば、子どもの学習能… 2020/01/21 04:00:00
  • 新型ウイルス肺炎「ヒトからヒトへの感染確認」中国の専門家 中国で感染が広がる新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎について調査にあたっている中国の専門家は「ヒトからヒトへの感染が確認された」と述べ、医療関係者への感染が14例あることを明らかにしました。 2020/01/21 01:46:12
  • “絶対に解読されない技術”「量子暗号通信」 東芝が実用化へ 東芝は「量子暗号通信」と呼ばれる次世代の暗号技術を来年度アメリカで実用化する方針を決めました。実現すれば日本企業としては初めてだということです。 2020/01/21 00:05:03
  • 外来での身分証提示に関するルールを明確化  厚生労働省は2020年1月10日に、保険医療機関などで患者の本人確認を実施する場合の方法について、都道府県などに対して通知を発出した。窓口での本人確認の必要性が高いと考えられる場合には、外来患者に幅広く写真付き身分証などの本人確認書類の提示を求めることができるようになる。 2020/01/21 00:00:00
  • 血友病Aに対する遺伝子治療を3年後まで追跡  単一遺伝子疾患に対する治療の選択肢として、アデノ随伴ウイルス(AAV)を利用した遺伝子治療が注目を集めている。英国Barts and the London School of Medicine and DentistryのK. John Pasi氏らは、凝固第VIII因子を組み込んだAAV5-hFVIII-SQベクターを、重症の血友病A(第VIII因子濃度が1 IU/dL以下)の成人患者15人に単回投与し、有効性と安全性を評価する用量漸増フェーズ1/2試験を進めている。今回は、治療を受けた患者を2年または3年追跡して得たデータをNEJM誌2020年1月2日号に報告した。 2020/01/21 00:00:00
  • 病院も薬局も、私たちは同じ「薬剤師」 ナカノドラッグを訪れた瀬野は、小野塚を萬津総合病院薬剤部の勉強会に誘った。見下されたと勘違いした小野塚は、反発したが――。 2020/01/21 00:00:00
  • COPDにβ遮断薬は有用なのか  2019年10月、The New England Journal of Medicine(NEJM)誌の電子版に、「慢性閉塞性肺疾患(COPD)に対するβ遮断薬の投与は、増悪による入院リスクを増加させる可能性がある」との結果を示した、なかなかインパクトのある論文が掲載された。今回はこの論文の概要とその結果を紹介しながら、どのような点が注目に値するのかについて考察してみよう。 2020/01/21 00:00:00
  • 私が挑んできた4つのタブー  先日、取引先の銀行の方と打ち合わせをしたときに、「社長は10年くらい前から、業界がこうなることをご存じだったのですか?」と質問されました。10年前から何をやってきたかを改めて考え直すと、この業界特有のタブーに果敢にも(無謀にも!?)挑んできたなぁと感じたことがあったので、今日はそれを皆さんとシェアしたいと思います。 まず、1つめは「薬剤師は患者の体に触れてはならない」というタブーです。2008年に、在宅医療の現場で薬剤師が血圧測定やSpO2のチェック、心音や呼吸音、腸音の聴診ができるといいなと思い、トライアルをしたらすごく良かったので、2009年に「薬剤師のためのバイタルサイン講習会」を開催しました。 2020/01/21 00:00:00
  • 新型ウイルス肺炎「国内の感染 広がっていない」厚生労働省 新型コロナウイルスが原因とみられる肺炎が中国で拡大していることについて、厚生労働省は「人から人に次々と感染が広がっているという確定した情報は無く、現時点では国内の感染は広がっていない」として、手洗いやせきエチケットなど通常の感染対策を行うことが重要だとしています。 2020/01/20 19:17:27
  • 新型インフルエンザ感染拡大防止 横浜港で対策訓練 中国で新型コロナウイルスによるとみられる肺炎が相次ぎ水際対策の徹底が求められる中、クルーズ船が数多く入港する横浜港で検疫所などが訓練を行い、患者が発生した場合の対応などを確認しました。 2020/01/20 18:02:27
  • 【インフルエンザ流行レベルマップ第2週】15県で定点当たり報告数20超-感染研 国立感染症研究所は1月20日、2020年第2週:1月6日~1月12日(1月16日現在)のインフルエンザ流行レベルマップと、それに対するコメントを、同研究所のウェブサイトに掲載した。 2020/01/20 16:30:04
  • 新型ウイルス肺炎 中国 武漢の患者1700人以上か 英大学が推計 中国、武漢を中心に相次いで確認された新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎の患者について、イギリスの大学が今月12日の時点で武漢市内の患者は1700人以上に上る可能性があるという推計結果を発表しました。 2020/01/20 16:00:19
  • 写真家 奈良原一高さん死去 88歳 軍艦島など撮影 戦後を代表する写真家の1人として国内外で活躍した奈良原一高さんが19日、心不全のため亡くなりました。88歳でした。 2020/01/20 15:50:30
  • ある習慣で50歳時点の余命が1年長く、約10万人の調査でわかったこと 緑茶をよく飲む人は健康で長生きできる可能性が高いことを示唆する大規模研究の結果が報告された。。 2020/01/20 14:00:50
  • 新型コロナウイルスに関連する患者への対応について/厚生労働省  中国・湖北省武漢市の当局は20日現在、新型コロナウイルスへの感染者が136人増えて198人となり、3例の死亡が確認されたことを発表している。  一方わが国でも、神奈川県内の医療機関を受診した武漢市の滞在歴が… 2020/01/20 13:17:44
  • 八ッ場ダム 建設を記録した動画を公開 群馬 長野原町 群馬県長野原町でこの春、八ッ場ダムが完成するのを前に、町は、ダム建設のこれまでの経緯や、現在の地元の様子を記録した動画を制作しました。 2020/01/20 12:20:43
  • 中国 新型ウイルス肺炎 死者3人に 患者200人超 感染拡大 中国の湖北省武漢で、新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎が相次いでいる問題で、地元当局は、新たに1人が死亡したと発表し、この肺炎での死者は3人になりました。また、北京や南部の広東省でも初めての患者が確認されて中国国内の患者はすでに200人を超え、感染が拡大している実態が明らかになっています。 2020/01/20 11:53:21
  • ヒトiPS細胞から作製した血管内皮細胞の移植で、動物モデルの白質梗塞が改善-群大 群馬大学は、ヒトiPS細胞から血管内皮細胞を作り出し、それを白質梗塞の動物モデルに移植することにより、白質梗塞が劇的に改善することを見出したと発表した。 2020/01/20 11:45:23
  • じんましんで見られる多様な膨疹を数理モデルで再現-広島大 広島大学は、じんましんの定性的な臨床データと数理モデルを融合することにより、じんましんでみられる発疹(膨疹)の多様な形を数理モデルで再現することに成功したと発表した。 2020/01/20 11:30:06
  • RAやOAで、免疫細胞だけでなく軟骨細胞も関節の炎症を誘導することを発見-北大 北海道大学は、関節リウマチ、変形性関節症の軟骨細胞において炎症アンプが活性化していることを見出し、さらに炎症アンプ関連遺伝子のうちTMEM147が軟骨細胞に発現してNF-κB経路を正に制御していることを初めて明らかにしたと発表した。 2020/01/20 11:15:44
  • 胃がん術後の再発予測、腹膜から腫瘍までの距離測定が有用と判明-大阪市大 大阪市立大学は、胃漿膜表面から腫瘍までの距離(DIFS)測定が、胃がん患者の再発予測に有用であることを明らかにしたと発表した。 2020/01/20 11:00:12
  • 【厚労省】一部OTC薬も迅速審査-豪州で早期上市可能に 厚生労働省は、オーストラリア医療製品管理局(TGA)が昨年12月4日付で、日本で承認された一部のOTC薬と医薬部外品を迅速審査の対象としたことを公表した。 2020/01/20 10:30:44
  • 樽見医薬局長、施行時期「少しでも前倒し」-改正薬機法、万全準備に意欲 厚生労働省の樽見英樹医薬・生活衛生局長は17日、全国厚生労働関係部局長会議で、昨年12月の公布から1年以内をメドとする改正医薬品医療機器等法の施行時期について「少しでも前倒しできれば良い」との考えを示し、「円滑な施行に向けて、しっかりと準備したい」と述べた。 2020/01/20 10:15:17
  • 一酸化炭素中毒診療へのアプローチ 急性死亡中毒の原因第1位の一酸化炭素中毒の診療をお届けします。頭痛、嘔吐、めまいなどの多彩な主訴を呈する本症への診療アプローチを坂本壮氏がコンパクトに解説します。 2020/01/20 10:00:10
  • 呼吸で消えた!?目を疑う心電図所見 皆さんは心電図をとる際、患者の呼吸を意識していますか?これが今回のキーワード。前回に引き続き、「下壁梗塞の可能性」などの自動診断に惑わされず、正しい心電図所見を捉えましょう。 2020/01/20 10:00:00
  • 自信あると思わせる強い肯定的表現に惑わされないでほしい(解説:折笠秀樹氏)-1168 研究結果を報告するとき、どのような肯定的用語で表現していたかを調べた。男性研究者で多かったのは、(1)Novel(新規)、(2)Unique(唯一)、(3)Promising(有望)などであった。女性研究者が優位に使ってい… 2020/01/20 10:00:00
  • すぐできる! 冷蔵庫から始めるダイエット 太りやすい人は、冷蔵庫の中身も溜め込みがちです。ダイエットが進まない患者さんには、まず冷蔵庫の中身の軽量化をお勧めしてみましょう。坂根直樹氏が解説します。(再掲) 2020/01/20 09:59:00
  • 中国 新型ウイルス肺炎の患者増加 北京などでも 死者は3人に 中国の湖北省武漢で、新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎が相次いでいる問題で、地元当局は感染した患者がさらに136人増えて198人となり、死亡した人も3人になったと発表しました。また北京や南部の広東省でも武漢を訪ねていた合わせて3人の感染が新たに確認されました。 2020/01/20 06:31:37
  • 開発中のluspatercept、低~中等度リスクMDSの貧血を軽減/NEJM  環状鉄芽球を伴う比較的リスクが低い骨髄異形成症候群(MDS)で、定期的に赤血球輸血を受けており、赤血球造血刺激因子製剤(ESA)に抵抗性または反応する可能性が低い、あるいは有害事象でこれらの製剤を中止し… 2020/01/20 04:00:00
  • 高濃度PM2.5への長期曝露、脳卒中リスクを増大/BMJ  大気中の相対的に高濃度の微小粒子状物質(PM2.5)への長期の曝露により、低濃度PM2.5への長期曝露に比べ、初発脳卒中とそのサブタイプの発生率が増加することが、中国・北京協和医学院のKeyong Huang氏らの調査… 2020/01/20 04:00:00
  • 術前化療で乳房温存療法が適応になる割合は/JAMA Surgery  StageII~III乳がんでは乳房温存療法を可能にするべく術前化学療法が実施されることが多い。今回、米国・Brigham and Women's HospitalのMehra Golshan氏らは、BrighTNess試験の2次解析からトリプルネガティブ(T… 2020/01/20 04:00:00
  • 幼少期のペットとの生活とその後の統合失調症や双極性障害のリスク  統合失調症や双極性障害などの重篤な精神疾患には、幼少期の環境が関連しているといわれている。幼少期に猫や犬などの家庭用ペットと生活することが、これらの環境要因に影響を及ぼす可能性がある。米国・ジョン… 2020/01/20 04:00:00
  • バイスタンダーによる応急手当が心停止者の命を救う  病院外で心停止を起こした米国人の生存率はわずか8%である。しかし、心停止の発生を察知して心肺蘇生(CPR)を行うことができるバイスタンダー(救急現場に居合わせた人)の数が増えれば、この数字は大いに改善… 2020/01/20 04:00:00
  • 肥満者が気候変動の一因に?  世界的な肥満の蔓延は温室効果ガスの排出量を増やし、気候変動の一因となっている可能性を指摘する研究報告を、コペンハーゲン大学(デンマーク)のFaidon Magkos氏らが「Obesity」12月20日オンライン版に発表し… 2020/01/20 04:00:00
  • 糖尿病患者が水面下で治療必需品を授受――医療費が高騰する米国の報告  米国では医療費の高騰や保険給付制限の影響を受け、治療薬や必需品を求めて水面下のマーケットを利用している糖尿病患者が少なくないという実態が、米ユタ大学看護学のMichelle Litchman氏らの研究により明らかに… 2020/01/20 04:00:00
  • 人工透析 患者が中止を希望した際の指針案 日本透析医学会 東京の公立福生病院でおととし人工透析が中止された女性が死亡した問題を受け、日本透析医学会は、差し迫った状態ではない患者が透析の中止を希望した場合の対応についての考え方を示し、必要性を繰り返し説明するなどとした新しいガイドラインの案をまとめました。 2020/01/20 01:46:28
  • 大気中のPM2.5濃度が高い日は入院が増える  中国の184都市の観測データを利用して、大気中の微小粒子状物質PM2.5(直径が2.5μm以下の微粒子)の濃度の上昇と、心血管疾患による入院の関係を検討した中国華中科技大学のYaohua Tian氏らは、PM2.5の濃度が上昇した日には脳出血を除く主要な心血管疾患の入院率が増加していたと報告した。結果はBMJ誌電子版に2019年12月30日に掲載された。 2020/01/20 00:00:00
  • 厚労省、患者の本人確認で通知 厚生労働省は2020年1月10日、保険医療機関と保険薬局で、患者の本人確認を行う場合の方法に関する通知を発出した。 2020/01/20 00:00:00
  • ボトックスに尿意切迫感・尿失禁の適応追加  ボトックス注用(一般名A型ボツリヌス毒素)の効能効果に、「既存治療で効果不十分または既存治療が適さない場合」の条件付きで「過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿および切迫性尿失禁、神経因性膀胱による尿失禁」が追加されました。 チロシンキナーゼ阻害薬のオフェブカプセル(ニンテダニブエタンスルホン酸塩)の効能効果に「全身性強皮症に伴う間質性肺疾患」が追加されました。 カルシウム受容体作動薬のオルケディア錠(エボカルセト)の効能効果に「副甲状腺癌、副甲状腺摘出術不能または術後再発の原発性副甲状腺機能亢進症における高カルシウム血症」が追加されました。 免疫抑制薬のシムジア皮下注(セルトリズマブペ 2020/01/20 00:00:00
  • 外用薬の後発品選び、薬剤師は正しい情報を  DI Onlineで、「後発品をどう選ぶ2019」という記事を読みました。薬剤師が後発医薬品の新規採用時に重視するポイントとして、供給の安定性のほか、どの企業の製品か、薬局で扱いやすいかなどの回答が上位にランクインしていました。しかし、私はそれ以前の問題として、現場の薬剤師が後発品に関わる情報収集を適切に行った上で、選択や患者への推奨を行う必要があると感じています。特に外用薬の後発品に関しては情報が少なく、選択は慎重に行うべきです。 2020/01/20 00:00:00
  • ロッテ創業者 重光武雄氏が死去 大手菓子メーカーの「ロッテ」を創業した「ロッテホールディングス」の重光武雄名誉会長が19日、韓国・ソウルの病院で亡くなりました。韓国のロッテグループによりますと、98歳でした。 2020/01/19 19:29:57
  • 国宝「臼杵磨崖仏」 修復作業を公開 大分 大分県にある国宝の「臼杵磨崖仏(うすきまがいぶつ)」で、石仏の表面に生えたコケなどを取り除く修復作業が、一般に公開されました。 2020/01/19 12:43:12
  • 「医師の求めに応じて」に感じた憤り 薬局薬剤師業務に関する話題のトレンドといえば、「対物業務から対人業務へのシフト」であり、2020年度調剤報酬改定においても内服薬の調剤料を引き下げて、対人業務の点数を引き挙げる方向性が示されています。2019年末から、中央社会保険医療協議会(中医協)で議論され、2020年1月15日に「これまでの整理」として決定した中には以下のような文言があります。 2020/01/18 00:00:00
  • 2019-nCoV肺炎への医療機関の対応指針が改訂  国立感染研究所と国立国際医療研究センターは1月17日、新型コロナウイルス(2019-nCoV)関連肺炎に対する医療機関の対応と院内感染対策指針を改訂した。日本でも患者が確認されたのを受けたもので、疑い例の定義を更新し、暴露歴のある患者を診察する場合の対応も見直した。改訂は今回で2回目となる。 2020/01/18 00:00:00
  • 伊方原発 仮処分の判断 ポイントは 17日の決定で、広島高裁は地震や火山の噴火に対する安全性をめぐって、原子力規制委員会や四国電力の対応に疑問を示しました。 2020/01/17 19:03:25
  • 新型ウイルス肺炎「高齢者・持病ある人 注視する必要」 中国の湖北省武漢で相次ぎ、日本国内でも確認された新型コロナウイルスによるとみられる肺炎について、国立感染症研究所は次から次に広がる可能性は低い一方、高齢者や持病のある人が重症化しやすい傾向があるとして、注視する必要があるとする見解を示しました。 2020/01/17 18:31:54
  • 「チバニアン」 国際学会が命名決定 日本の地層で初登録 千葉県にあるおよそ77万年前の地層を地質学の国際的な基準に登録し、そこからおよそ12万年前までの地質学上の時代を「チバニアン」と命名することを国際学会が決めました。日本の地層が国際的な基準に登録されるのは初めてのことで、今後、高校の地学の教科書にも「チバニアン」の記載がみられることになりそうです。 2020/01/17 14:21:34
  • 伊方原発3号機 運転認めない仮処分決定 広島高裁 愛媛県にある伊方原子力発電所3号機について広島高等裁判所は運転を認めない仮処分の決定を出しました。現在は定期検査のため停止中ですが、検査が終了する4月以降も運転できない状態が続く見通しになりました。伊方原発3号機が司法判断で運転できなくなるのは平成29年以来、2度目です。 2020/01/17 14:09:05
  • 温室効果ガス削減へ 研究拠点長にノーベル賞吉野氏を起用 政府は、温室効果ガスの削減に向けて整備する国際的な研究拠点のセンター長に、ノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏を起用することになり、安倍総理大臣を表敬した吉野氏は「不可能を可能にするためにプロジェクトを進めていきたい」と意気込みを述べました。 2020/01/17 13:47:15
  • 後継者不足解消を目指し医業承継に関する包括連携協定を締結-エムスリーと日本医師会 エムスリー株式会社は、日本医師会とともに、日本全国で深刻化する医療機関における後継者不足の問題を解決するため、第三者医業承継のトライアル事業に関する包括連携協定を、民間企業と初めて締結したことを発表した。 2020/01/17 12:15:37
  • ペプチドホルモンAM、急性期非塞栓性脳梗塞対象の医師主導治験を開始-国循ほか 国立循環器病研究センターは、急性期非塞栓性脳梗塞患者を対象にペプチドホルモン「アドレノメデュリン(AM)」投与の安全性評価を主目的とした医師主導治験を2020年1月16日より開始すると発表した。 2020/01/17 11:45:57
  • ひきこもりの家族向け教育支援プログラムを開発、長期化の打開目指す-九大ほか 九州大学は、心の応急処置を習得するメンタルヘルス・ファーストエイド、および、認知行動療法に基づくコミュニティ強化と家族訓練を応用した家族向けの5日間の教育支援プログラムを開発したと発表した。 2020/01/17 11:30:35
  • HIV-2でエイズ発症が遅延するメカニズムを、タンパク質構造から解明-北大 北海道大学は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)2型でエイズ発症が遅延するメカニズムを解明したと発表した。。 2020/01/17 11:15:22
  • 腸管の感染と炎症抑制のバランスに、OPGによるM細胞数の制御が重要-慶大ほか 慶應義塾大学は、マウスの腸管に微生物や抗原の体内への取り込みを調整する仕組みがあることを発見したと発表した。。 2020/01/17 11:00:06
  • 【中医協総会】20年度改定の骨子まとめる-地域支援加算、評価見直し 中央社会保険医療協議会は15日の総会で、2020年度診療報酬改定に関する骨子を取りまとめた。。 2020/01/17 10:30:13
  • 小林化工がオリックス傘下に-異業種と組み、海外本格進出 総合リース企業のオリックスは14日、国内後発品中堅の小林化工を子会社化すると発表した。。 2020/01/17 10:15:36
  • 筋トレですべてを解決する本 「自己啓発+筋トレ」という組み合わせは、ともすれば暑苦しい精神論を押し出す内容になりそうなもの。ところが、今回オススメする本は、ちょっと様子が違うようです。新年最初の倉原氏オススメ本とは? 2020/01/17 10:00:10
  • オンコロジーナビゲーター始動1年、米国での状況は? ダートマス大学腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国のがん診療の現状を語る。今回は、「オンコロジーナビゲーター始動1年、米国での状況は?」。 2020/01/17 10:00:00
  • IL-6が異常、考えられる原因は? 検査値が何に影響を受けているのか、患者さんと一緒に確認して、疾患への理解を深めてもらいましょう。監修は、獨協医科大学病院の志水太郎氏です。 2020/01/17 10:00:00
  • 福島第一原発 凍土壁の冷却材3か所で漏れ 部品交換など対応へ 福島第一原子力発電所の汚染水の発生を減らすためにつくられた凍土壁の冷却材が3か所で漏れていたことが分かり、東京電力では部品を交換するなどの対応をとることになりました。 2020/01/17 05:39:17
  • 伊方原発3号機の運転停止求める仮処分 きょう判断 広島高裁 愛媛県にある伊方原子力発電所3号機の安全性をめぐり、山口県の住民たちが運転を停止するよう求めている仮処分について、広島高等裁判所は17日、判断を示します。仮処分はすぐに効力が生じるため、裁判所がどのような判断を示すのか注目されます。 2020/01/17 04:54:06
  • PM2.5短期曝露、心血管疾患の入院増加と関連/BMJ  中国において、微小粒子状物質(PM2.5)への曝露は、短期間で現在の規制濃度内であっても、出血性脳卒中を除くすべての主要心血管疾患による入院の増加と関連していることが明らかにされた。中国・華中科技大学の… 2020/01/17 04:00:00
  • 癒着関連の再入院リスク、腹腔鏡 vs.開腹/Lancet  腹腔鏡手術により癒着に関連した再入院の発生は減少するが、癒着に関連した再入院の全体的な負荷は高いままであることを、オランダ・Radboud University Medical CenterのPepijn Krielen氏らが、後ろ向きコホート… 2020/01/17 04:00:00
  • 尿酸値を本気で下げるには?  高尿酸血症の治療には食生活を中心とした生活習慣改善が欠かせないが、無症状の場合も多く、継続的に取り組むことは容易ではない。患者を“本気にさせる”方法や、乳酸菌による尿酸値の上昇抑制効果とは? 2019年11… 2020/01/17 04:00:00
  • 統合失調症患者の代謝機能に対する18種類の抗精神病薬の比較  抗精神病薬による治療は、代謝異常と関連しているが、各抗精神病薬によりどの程度代謝の変化が起こるのかはよくわかっていない。また、代謝調節不全の予測因子や代謝の変化と精神病理学的変化との関連も不明であ… 2020/01/17 04:00:00
  • 特殊な染料で皮膚にワクチン接種を記録  ワクチン接種時に、肉眼では見えない特殊な染料を皮膚に注入することで、紙や電子形式のワクチン接種記録の代わりにできるかもしれない。そんな可能性を示す新たな研究が公表された。研究を行った米ライス大学のK… 2020/01/17 04:00:00
  • 春と夏に生まれた人は心疾患による死亡リスクが高い?  生まれた季節や月がのちの心疾患による死亡リスクに影響を及ぼす可能性があることが、米ハーバード大学医学部ブリガム・アンド・ウイメンズ病院の疫学教授Eva Schernhammer氏らの実施した研究で明らかになった。… 2020/01/17 04:00:00
  • 人類は不安傾向が増加するように進化した?  人類は進化の歴史の初期段階で、不安やうつ傾向が強まるように遺伝子を進化させたとする研究結果が発表された。このような進化によって、外部環境の変化に敏感に反応して慎重に対処できた可能性があるという。東… 2020/01/17 04:00:00
  • 小児の睡眠時間とメンタルヘルスへの影響  ノルウェー科学技術大学のBror M. Ranum氏らは、小学生の睡眠時間と、2年後の情動障害、行動障害の症状の関係を検討し、睡眠時間が短いことは2年後の情動障害の症状と、男児の行動障害の症状を起こすリスクの増加に関連していたと報告した。結果はJAMA Network Open誌電子版に2019年12月27日に掲載された。 2020/01/17 00:00:00
  • 造血幹細胞移植で神経難病の進行抑制に成功  東京大学医学部附属病院22世紀医療センター分子神経学講座特任教授の辻省次氏、同助教松川啓司氏、同病院血液・腫瘍内科教授の黒川峰夫氏らのグループは、成人期発症の大脳型の副腎白質ジストロフィー患者を対象に造血幹細胞移植を発症早期に行うことで、進行を強力に食い止められるとの研究結果をまとめ、2020年1月14日付けの国際科学雑誌Brain Communication誌に報告し、同日、記者会見を行った。 2020/01/17 00:00:00
  • セロイドリポフスチン症2型に初の治療薬が登場  2020年1月6日、セロイドリポフスチン症2型治療薬セルリポナーゼ アルファ(商品名ブリニューラ脳室内注射液150mg)が発売された。本薬は、2019年9月20日に製造販売が承認され、同年11月19日に薬価収載された。適応は「セロイドリポフスチン症2型」、用法用量は「2週間に1回、300mgを脳室内投与。なお、患者の状態、年齢に応じて適宜減量する」となっている。なお、出生~2歳未満の患者における用法用量については、添付文書の「用法・用量に関連する注意」の項を参照。 2020/01/17 00:00:00
  • 「かぜのお茶」に配合されたハーブの実力は?  こんにちは、酒井美佐子です。 2020年も、患者が薬局で打ち明けるちょっとした悩みの解決に、ハーブやアロマを役立てるコツを伝授していけたらと思いますので、どうぞよろしくお願いします。 今回は「かぜのお茶」のブレンドについて取り上げたいと思います。 2020/01/17 00:00:00
  • 四病協、タスクシフトで新たに要望書 日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、日本精神科病院協会からなる四病院団体協議会は2020年1月15日、医師のタスクシフト/シェアに関する要望書を、厚生労働省医政局長宛てに提出した。 2020/01/17 00:00:00
  • 2020年度改定に関するパブコメ募集開始 厚生労働省は2020年1月15日、2020年度診療報酬改定に向けたパブリックコメント(パブコメ)の募集を開始した。 2020/01/17 00:00:00
  • 新型コロナウイルス 遺伝子の型「SARS」と類似 中国内陸部の湖北省武漢で検出され、国内でも確認された新型コロナウイルスについて、遺伝子の型が2003年に中国やアジア各地で広がった新型肺炎「SARS」のウイルスと似ている点が多いことが分かりました。専門家は現時点ではSARSより感染力や病原性は低いとみられるものの、今後、ヒトからヒトへ感染しやすいよう遺伝子が変化しないか監視する必要があると指摘しています。 2020/01/16 20:10:58
  • 新型ウイルス肺炎 国内で初確認 注意すべきポイントは? 中国内陸部の湖北省武漢で相次ぐ新型コロナウイルスによるとみられる肺炎。日本国内でも武漢に渡航していた人から同じウイルスが検出されました。注意すべきポイントなどをまとめました。 2020/01/16 19:30:28
  • 新型コロナウイルス 春節に向け監視体制強化へ WHO責任者 日本や中国などアジア地域を管轄するWHO=世界保健機関の責任者は新型のコロナウイルスについて、「直ちに日本で大きな流行が起きるとは考えにくい」と指摘する一方で、来週から始まる中国の正月、春節の期間中は中国国内での移動や海外への渡航が増えることから、監視体制を強化する方針を示しました。 2020/01/16 19:05:33
  • 囲碁の仲邑菫初段 七大タイトル獲得経験の棋士に敗れる 史上最年少の10歳で囲碁のプロ棋士になった仲邑菫初段が16日、七大タイトルの獲得経験がある棋士と公式戦で初めて対戦しましたが、勝利はなりませんでした。 2020/01/16 18:55:58
  • 初めてのフルマラソン完走、健康への影響は? 英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の心血管科学研究所およびバーツ心臓センターの顧問であるCharlotte Manisty氏らによる新たな研究で、トレーニングを行って初マラソンを完走した人では、血圧と加齢に伴う大動脈の硬化の程度が改善したことが示された。 2020/01/16 15:30:23
  • 肺炎「過剰な心配せず感染症対策を」神奈川県 中国の湖北省武漢に渡航した神奈川県に住む中国籍の男性が、国内で初めて新型コロナウイルスに感染したことが確認されたことを受け、神奈川県は16日、記者会見を開き「過剰に心配することなく、インフルエンザなどと同様の感染症対策をしてほしい」と呼びかけています。 2020/01/16 14:41:07
  • 福島第一原発 ミスやトラブル相次ぎ現場に社員増員へ 東電 福島第一原子力発電所で工事や作業のミスが相次いだことについて、東京電力の小早川社長は人手不足が背景にあるとして、現場の作業に関わる社員を70人から90人程度増やす考えを明らかにしました。 2020/01/16 14:28:56
  • 科学技術「ムーンショット型研究開発」目標の6項目まとまる 日本の競争力を高めるため、科学技術の挑戦的な課題に取り組む、「ムーンショット型研究開発制度」という大型の国のプロジェクトの具体的な目標として、30年後までにロボットと情報通信技術を組み合わせるなどして、時間や空間の制約から開放される社会を実現するなど6つの項目がまとまりました。 2020/01/16 13:19:19
  • 史上最年少の囲碁棋士 仲邑菫初段 七大タイトル経験者と初対戦 史上最年少の10歳で囲碁のプロ棋士になった仲邑菫初段が16日、七大タイトルの獲得経験がある棋士と公式戦で初めて対戦しています。 2020/01/16 13:03:48
  • 令和初の歌会始 お題は「望」 令和になって初めての新春恒例の「歌会始」が16日、皇居で行われました。 2020/01/16 12:47:47
  • 成田空港検疫所「発熱やせきは申し出て」水際での対策強化 中国の湖北省武漢に渡航していた男性から新型のコロナウイルスが検出されたことを受けて、成田空港の検疫所は水際での対策を強化しています。 2020/01/16 12:36:32
  • 肺炎 専門家「過度に恐れる必要ないが今後の動向に注意を」 中国の湖北省武漢で新型コロナウイルスによるものとみられる肺炎が相次いでいる問題で、国内でも初めて感染者が確認されました。感染症に詳しい専門家に聞きました。 2020/01/16 12:26:53
ページの先頭へ