医療ニュース

  • 難治性の神経膠腫に対する有望な治療法を発見-名大 名古屋大学は、難治性の脳腫瘍である神経膠腫の中で、特定の遺伝子異常がある腫瘍の患者において、EZH2阻害剤が有効である可能性を見出したと発表した。 2019/08/23 12:00:46
  • 神経系/代謝疾患に関与のP4-ATPase、立体構造とリン脂質輸送メカニズムを解明-東大 東京大学は、ヒトが持つP4-ATPaseとCDC50の複合体の立体構造を、クライオ電子顕微鏡を用いた単粒子解析法によって明らかにし、P4-ATPaseがATPを利用してリン脂質を輸送する過程の複数の状態の立体構造を明らかにすることで、リン脂質の輸送機構を解明することに成功したと発表した。 2019/08/23 11:45:12
  • 多発性骨髄腫の抗体薬エロツズマブ、新たな作用メカニズムを発見-自治医科大 自治医科大学は、多発性骨髄腫の抗体薬であるエロツズマブの新たな作用機序を発見したと発表した。。 2019/08/23 11:30:54
  • ダプロデュスタット、腎性貧血治療薬として世界で初めて日本で承認申請-GSK グラクソ・スミスクライン株式会社は、経口の低酸素誘導因子プロリン水酸化酵素阻害剤(HIF-PHI)のダプロデュスタットについて、腎性貧血を適応として厚生労働省に製造販売承認申請を行ったことを発表した。 2019/08/23 11:15:38
  • 【厚労省】「都市部」実施へ改正省令案-特区の遠隔服薬指導で 厚生労働省は、国家戦略特区で認められている遠隔服薬指導を都市部でも実施できるようにするための改正省令案を公表し、意見募集を開始した。 2019/08/23 10:45:53
  • 多剤併用患者に通知書-兵庫県広域連合が新事業 兵庫県後期高齢者医療広域連合は今年度から2年間、重複投与やポリファーマシー(多剤併用)の患者に服薬状況を記載した通知書を送る事業をスタートさせる。 2019/08/23 10:30:45
  • 重要文化財指定の建造物 全体の20%で消火施設が老朽化 重要文化財に指定されている建造物、およそ4500棟のうち、およそ20%で消火栓などの設備が古くなって、機能が低下しているおそれのあることが文化庁の調査でわかりました。 2019/08/23 10:21:36
  • 非劣性試験が必要な理由 今年JAMA誌に掲載された、日本発のSTOPDAPT-2試験の結果は、標準治療に対する非劣性かつ優越性を示したものでした。差がないことと、非劣性であるということの決定的な違いについて、JAMA論文と猫 vs.虎から考えます。 2019/08/23 10:00:10
  • 血小板数が異常、考えられる原因は? 普段何げなく測定されている検査値の意味について、このスライドを利用して患者さんに理解してもらいませんか?監修は、獨協医科大学病院の志水太郎氏です。 2019/08/23 10:00:00
  • 内側に限局する膝OAに対してはTKRよりPKRが望ましい?― TOPKAT試験より(解説:小林秀氏)-1106 内側型の末期変形性膝関節症(膝OA)に対する人工膝関節置換手術は、TKR(total knee replacement:全置換)とPKR(partial knee replacement:単顆置換[unicompartmental knee replacement]として知られる)の2… 2019/08/23 10:00:00
  • 「ゴルゴ13」さいとう・たかを氏ら 名誉都民に 東京都の発展に貢献した人などに贈られる名誉都民に、人気劇画「ゴルゴ13」の連載を50年以上にわたって続ける劇画家のさいとう・たかをさんなど、3人が選ばれる見通しになりました。 2019/08/23 08:10:09
  • 大腸手術前のMOABPは有益か/Lancet  大腸手術において、機械的腸管前処置と経口抗菌薬の併用による腸管前処置(MOABP)は、腸管前処置なし(NBP)と比較して、手術部位感染(SSI)や術後合併症は低下しないことが示された。フィンランド・ヘルシンキ… 2019/08/23 04:00:00
  • 妊娠による子宮内膜がんリスク低下、中絶でも/BMJ  妊娠が受胎後早期で終了しても40週(正期産)で終了しても、子宮内膜がんのリスクは顕著に減少することが明らかにされた。人工妊娠中絶で妊娠終了に至った場合と出産で妊娠が終了した場合とで、リスク低下との関… 2019/08/23 04:00:00
  • 手術不要な心不全患者の救急搬送を減らすには?  救急車で運ばれた心不全患者のうち、約8割の患者は手術が不要であったことが、厚生労働省作成による診断群分類毎の集計結果(2017年)から明らかになった。これはいったい何を意味しているのだろうか-。2019年8… 2019/08/23 04:00:00
  • 青年期双極性障害患者のメタボリックシンドローム有病率  メタボリックシンドローム(MetS)の有病率は増加しており、中年期の双極性障害におけるMetSが重要な臨床的相関を示すことが報告されているにもかかわらず、青年期および若年成人におけるこの問題に関してはよく… 2019/08/23 04:00:00
  • 注射によらない低血糖発作用救急薬をFDAが承認  米食品医薬品局(FDA)はこのほど、重症低血糖時に鼻から投与し患者を回復させるという新たな投与経路の治療薬を承認した。注射によらない新薬の登場は、糖尿病患者やその家族の負担や不安の軽減につながると期待… 2019/08/23 04:00:00
  • 中年期から初老期の肥満で脳の老化が早まる?  中年期から初老期にかけて過体重や肥満だった人は、脳の老化が10年以上も早まる可能性があることが、米マイアミ大学医学部のMichelle Caunca氏らの研究から明らかになった。この期間中にウエスト周囲長が大きく、… 2019/08/23 04:00:00
  • 非扁平上皮NSCLCの維持療法、ベバシズマブかペメトレキセドか併用か/JCO  進行非扁平上皮非小細胞肺がん(NSCLC)の維持療法にはベバシズマブまたはペメトレキセドの単剤投与か併用投与なのか、あるいはいずれも有効なのか。米国・エモリー大学ウィンシップがん研究所のSuresh S. Ramali… 2019/08/23 03:59:50
  • 唾液でがん検査 保険大手が出資へ 保険料安くなる商品開発も わずかな唾液から、がんのリスクを調べられる検査技術を開発したベンチャー企業に、大手の生命保険会社と損害保険会社が出資することになりました。検査を受けた人には保険料を安くする新しい保険商品の開発などを検討する見通しです。 2019/08/23 00:00:23
  • 新規の高出力短時間アブレーションカテーテルの有効性と安全性  心房細動(AF)のアブレーション治療で用いられる新規の高出力短時間(vHPSD)カテーテルの有効性と安全性が、欧州で実施されたQDOT-FAST試験で検証された。 2019/08/23 00:00:00
  • 難聴は認知症の修正可能な危険因子  国立台湾師範大学のChin-Mei Liu氏らは、難聴と診断された台湾の45歳以上の成人と、条件をマッチさせたペアを追跡して認知症の発症リスクを比較するコホート研究を行い、難聴がある患者は認知症を発症しやすく、特に年齢が若い時点で難聴を発症した人は認知症リスクが高くなると報告した。結果はJAMA Network Open誌電子版に2019年7月31日に掲載された。 2019/08/23 00:00:00
  • 急性骨髄性白血病に対する第2のFLT3阻害薬が世界初承認  2019年6月18日、抗悪性腫瘍薬キザルチニブ塩酸塩(商品名ヴァンフリタ錠17.7mg、同錠26.5mg)の製造販売が承認された。適応は「再発又は難治性のFLT3-ITD変異陽性の急性骨髄性白血病」、用法用量は「成人に1日1回、26.5mgを2週間投与。それ以降は1日1回53mgを投与。なお、患者の状態により適宜減量する。また、副作用の発現状況により休薬、減量又は中止する(添付文書を参照)」となっている。 2019/08/23 00:00:00
  • 薬剤師と症例検討会をやってみました  先日、当社の薬剤師5人と症例検討会をやってみました。3人の薬剤師が、自身が居宅療養管理指導を行う中で困っている症例について発表し、私を含めて6人で議論するというものでした。 挙がったテーマは、「難治性高血圧」「難治性湿疹」「膵頭十二指腸切除後の鼓腸と放屁」の3つ。それぞれ患者さんの病歴、主訴、バイタルサイン、治療方針、処方内容などを踏まえて、皆でいろいろと話し合いました。薬剤師は薬学的観点から、そして、医師である私は医学的観点から、患者の状態をアセスメントし合うのですが、やはり足元にある専門性が大きく異なることが分かり、興味深く感じました。 2019/08/23 00:00:00
  • BZ系薬、漸減処方の調剤で注意すべき点とは 最近、ベンゾジアゼピン受容体作動薬(BZ系薬)の用量を漸減する処方箋を応需することが増えました。調剤の手順で注意すべき点を教えてください。(匿名) 2019/08/23 00:00:00
  • 松浦薬業、漢方薬117品目を自主回収  松浦薬業(名古屋市昭和区)は2019年8月、OTC薬と医療用医薬品の漢方薬117品目(うち5品はPB品)を自主回収することを明らかにした。内訳は、OTC薬91品目、医療用医薬品26品目だ。同社は2019年3月に愛知県から疑義を受け、8月4日までを期限として製造過程の調査を行った。その結果、承認書と異なる製造方法を行っており、さらに、不適切な記録管理を行っていたことから、愛知県は該当製品について、回収等の必要措置を講じる指示、および松浦工業に対して医薬品医療機器等法(薬機法)違反で業務停止を命じた。 2019/08/23 00:00:00
  • 「ウエスト・サイド・ストーリー」来日公演始まる 新演出披露 ブロードウェイの名作ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」の来日公演が22日から東京で始まり、客席を360度取り囲んだ舞台で世界で初めてとなる新しい演出が披露されました。 2019/08/22 19:26:29
  • 「はやぶさ2」のカプセル 来年末ごろ豪の砂漠に帰還へ 小惑星への2度の着陸に成功した探査機「はやぶさ2」の帰還用のカプセルについて、JAXA=宇宙航空研究開発機構は、来年の末ごろに初号機と同じオーストラリアの砂漠に落下させる計画を明らかにしました。 2019/08/22 18:02:16
  • 月面に無人探査車…計画が2年遅れに 東京のベンチャー企業 月面に無人の探査車を送り込む計画を進めている東京のベンチャー企業は、一部の設計を変更するためなどとして月面への探査車の到着が2023年と、計画を2年遅らせることを明らかにしました。 2019/08/22 16:21:48
  • 新海誠監督の映画「天気の子」興行収入100億円突破 新海誠監督のアニメーション映画「天気の子」が、公開からおよそ1か月で興行収入100億円を突破しました。前作の「君の名は。」から2作品連続の100億円超えとなり、国内では宮崎駿監督に続いて2人目となります。 2019/08/22 15:18:51
  • 朝鮮半島の非核化で連携確認 日中韓外相と中国の李首相 日中韓3か国の外相は、22日そろって中国の李克強首相と会談し、朝鮮半島の非核化に向け緊密に連携していくことや、年内に3か国の首脳会議を開催できるよう協力していくことを確認しました。 2019/08/22 14:57:52
  • 世界初、パーキンソン病患者脳でレビー小体がアミロイド線維を含むことを確認-AMED 日本医療研究開発機構(AMED)は、マイクロビームX線回折という手法を用いて、パーキンソン病患者の脳内に実在するタンパク質異常凝集体であるレビー小体に対する直接的な微細構造解析を行った結果、レビー小体がアミロイド線維を含有していることを世界で初めて証明したと発表した。 2019/08/22 12:00:39
  • 人の体温環境でDNAを5,000倍以上増やす人工細胞の構築に成功—東北大ら 東北大学は、体温と同等の37℃で、人が設計したDNAを5,000倍以上に増やすことのできる人工細胞を構築したと発表した。 2019/08/22 11:45:20
  • 胎児頻脈性不整脈、母親に抗不整脈薬投与で約9割消失-成育医療センターら 国立成育医療研究センターは、胎児頻脈性不整脈に対する多施設共同臨床試験を世界で初めて行ったと発表した。。 2019/08/22 11:30:02
  • 心血管疾患の細胞治療、細胞外小胞が心筋細胞に取り込まれるメカニズムを解明-名大 名古屋大学は、心血管疾患において、これまで不明だった細胞外小胞が心筋細胞に取り込まれるメカニズムを明らかにしたと発表した。 2019/08/22 11:15:45
  • 糖尿病治療薬の選択の原則とは 糖尿病の診療を国内外のガイドラインをもとに解説します。海外とわが国の第一選択薬選択での差異は、どんなところでしょうか。講師は、三田智也氏(順天堂大学大学院 准教授)。 2019/08/22 10:00:10
  • 論文執筆の強い味方 論文を書く場合、結果や考察を伝えることも重要ですが、研究の真意を理解してもらわなければ意味がありません。今回は「ドラゴン桜2」にどハマリ中のDr.中島が論文執筆に役立つ方法を紹介します! 2019/08/22 10:00:00
  • 予防医学と先制医療の違いとは これまでの予防医学は集団に対する手法でした。昨今話題のゲノム解析やゲノムコホートなどを駆使し、個人の特徴に応じた予防法は「先制医療」と呼ばれています。その第一人者、京都大学名誉教授 井村裕夫氏の講演。 2019/08/22 10:00:00
  • short DAPTとlong DAPTの新しいメタ解析:この議論、いつまで続けるの?(解説:中野明彦氏)-1105 PCI(ステント留置)後の適正DAPT 期間の議論が、まだ、続いている。ステントを留置することで高まる局所の血栓性や五月雨式に生じる他部位での血栓性イベントと、強力な抗血小板状態で危険に晒される全身の出血リ… 2019/08/22 10:00:00
  • 本当に高プリン体食は痛風の敵なのか 高尿酸血症や痛風の患者さんで、プリン体を多く含む食品を制限されている方は多いと思いますが、摂取制限はどれほどの効果があるのでしょうか?また、すべての高プリン体食を避けなければいけないのでしょうか? 2019/08/22 09:59:00
  • 中年~晩年期の高血圧症、認知症リスクが増大/JAMA  中年期~晩年期に高血圧症の人や、中年期に高血圧症で晩年期に低血圧症の人は、中年期~晩年期に正常血圧の人に比べ、認知症を発症するリスクが約1.5~1.6倍高いことが明らかにされた。米国・ジョンズ・ホプキン… 2019/08/22 04:00:00
  • 10~16歳の2型DMにリラグルチド追加は有効?/NEJM  2型糖尿病の小児・思春期患者(10~17歳)において、メトホルミンへのリラグルチド(1.8mg/日)追加投与は、基礎インスリン投与の有無にかかわらず、52週間にわたり血糖コントロール改善の効果があることが示され… 2019/08/22 04:00:00
  • がん患者が言い出せない、認知機能障害への対応策/日本臨床腫瘍学会  がんそのもの、あるいはがん治療に伴う認知機能障害(CRCI)は海外で研究が進みつつあるものの、国内での認識は医療者・患者ともに低い。第17回日本臨床腫瘍学会学術集会では、「がんと関連した認知機能障害:病… 2019/08/22 04:00:00
  • 日本におけるベンゾジアゼピン長期使用に関連する要因  ベンゾジアゼピンやZ薬(BZD)の長期使用は、現在の臨床ガイドラインで推奨されていないものの、実臨床において引き続き行われている。東京医科歯科大学の高野 歩氏らは、日本における長期BZD使用率とそのリスク… 2019/08/22 04:00:00
  • 喫煙が肺の血管塞栓術後の再発率と関連か  たばこの害がまた1つ明らかにされた。米メイヨー・クリニックのSanjay Misra氏らが「Radiology」7月30日オンライン版に発表した研究によると、遺伝性出血性毛細血管拡張症(オスラー病)患者が肺動静脈奇形(PAVM… 2019/08/22 04:00:00
  • 植物性食品をよく食べる人は糖尿病リスクが低下  「1日1個のリンゴで医者知らず」ということわざがあるが、米ハーバード大学T.H.チャン公衆衛生大学院のQi Sun氏らの研究により、植物性食品中心の食生活を送っている人ほど2型糖尿病のリスクが低くなる可能性が示… 2019/08/22 04:00:00
  • CMAH遺伝子を失うという「進化」がヒトという種に動脈硬化をもたらした?  進化の過程で「CMAH」という遺伝子を失ったことが、ヒトで動脈硬化が生じやすい要因となる可能性を、筑波大学医学医療系川西邦夫氏らのグループが報告した。研究の詳細は「Proceedings of the National Academy o… 2019/08/22 03:59:50
  • SGLT-2阻害薬は尿路感染症を増やさない?  米国Harvard大学医学部のChintan V. Dave氏らは、米国の民間医療保険データベースを利用して、SGLT2阻害薬の使用を開始した2型糖尿病患者と、DPP-4阻害薬やGLP-1受容体作動薬の使用を開始した患者の重度の尿路感染症(UTI)リスクを比較するコホート研究を行い、SGLT2阻害薬はUTIリスクを増加させていなかったと報告した。結果は、Ann Intern Med誌電子版に2019年7月30日に掲載された。 2019/08/22 00:00:00
  • 「あの薬局は休んでいる」と批判する心理 先日、ネット上で話題になっていたのですが、路線バスの車内に以下のような内容の張り紙がされていたそうです。 2019/08/22 00:00:00
  • 消費増税に伴い約4割の医薬品で薬価引き上げ  厚生労働省は、2019年8月19日、10月の消費増税に伴う薬価改定を告示した。市場実勢価格相当部分に消費税率引き上げ分(8%から10%)を上乗せして、10月以降の新薬価とする。改定品目全体の約4割の医薬品において、薬価が上がる。 2019/08/22 00:00:00
  • 1型糖尿病へのSGLT2阻害薬、ケトアシドーシスに注意  日本糖尿病学会は2019年8月、3年ぶりにSGLT2阻害薬の適正使用に関する Recommendationを改訂した。ケトアシドーシスのリスクを踏まえ、1型糖尿病患者への使用を注意喚起している。  2018年12月にスーグラ(一般名イプラグリフロジンL-プロリン)、2019年3月にフォシーガ(ダパグリフロジンプロピレングリコール水和物)が成人1型糖尿病患者におけるインスリン製剤との併用療法での適応を取得した。しかし(1)ケトアシドーシスのリスク増加が報告されている、(2)海外で成人1型糖尿病への適応申請に対し、欧州医薬品庁(EMA)では、BMIが27kg/㎡以上に限定した承認であり、米食品医薬品局(FDA)では承認が見送られた――ことを受けて、1型 2019/08/22 00:00:00
  • 医療費は重い負担…。そう感じている人はどのくらい? たとえ十分な収入があり手厚い保険に加入していても、乳がん患者の手術方法に関する選択は治療費により左右される場合が多いことが、新たな研究で明らかにされた。 2019/08/21 17:00:07
  • 「ユニバーサルデザイン」製品の展示会 東京 足立区 障害のあるなしにかかわらず、誰もが利用しやすいように設計した「ユニバーサルデザイン」の製品について紹介する展示会が東京 足立区で開かれています。 2019/08/21 13:24:24
  • 原爆で犠牲の元宝塚女優しのぶ法要 盛岡 74年前、広島に投下された原爆で犠牲になった岩手県出身の元宝塚女優をしのぶ法要が盛岡市で行われました。 2019/08/21 13:08:22
  • 太古の昆虫化石展 栃木 那須塩原 地元などで見つかった太古の昆虫の化石などを紹介する展示が、栃木県那須塩原市で開かれています。 2019/08/21 12:48:31
  • 世界最薄・最軽量、ノイズ低減機能付きの生体計測回路を開発-産総研 産業技術総合研究所は、世界最薄・最軽量の生体計測用の差動増幅回路の開発に成功したと発表した。。 2019/08/21 12:15:21
  • 「ハイパーカミオカンデ」建設へ概算要求 文部科学省 文部科学省は、ノーベル賞につながる成果をあげた素粒子観測施設「スーパーカミオカンデ」の後継となる、次世代の施設「ハイパーカミオカンデ」を新たに岐阜県に建設する方針を固め、来年度予算の概算要求に、検出器の開発費など十数億円を盛り込むことを決めました。 2019/08/21 12:15:19
  • 難病「HTLV-1関連脊髄症」患者向けオンライン診療を開始-聖マリ医大 聖マリアンナ医科大学は、指定難病のHTLV-1関連脊髄症(HAM)患者向けに、聖マリアンナ医科大学病院が2019年8月からインターネットやスマートフォンを利用したオンラインでの診療を開始すると発表した。 2019/08/21 12:00:06
  • 嗅覚と遺伝子、認知機能に関する追加調査開始-ToMMoと豊田中央研究所 東北大学東北メディカル・メガバンク機構は、嗅覚テストと遺伝子多型および嗅覚と脳画像・認知機能に関するアドオンコホートを開始すると発表した。 2019/08/21 11:45:46
  • AI活用、糖尿病性腎症の重症化予防について共同研究を開始-金沢大と東芝 金沢大学は、糖尿病性腎症の重症化メカニズムの解明により、精密医療の実現を目指す共同研究を開始したと発表した。。 2019/08/21 11:30:32
  • 【ココカラファイン】マツキヨと統合協議開始-1兆円規模の業界トップへ ココカラファインは14日、マツモトキヨシホールディングスとの経営統合に向けた協議を開始すると発表した。。 2019/08/21 10:45:44
  • 【厚労省】消費税対応、改定薬価を告示-6121品目が引き上げへ 厚生労働省は19日、消費税率10%への引き上げに伴い全面改定した薬価基準を官報に告示した。。 2019/08/21 10:30:52
  • 上医はAI-新たな医療の幕開けか? 新たな“寿命”の概念を提唱する大会長の伊藤裕氏が、年齢を重ねるなかで沸き起こる人間の心の変化を紐解きながら、「健康」と「幸福」を保つために有用な医療の最新知見をご紹介します。 2019/08/21 10:00:10
  • 情報を発信し、世界にキャッチアップせよ 目利きの医師がピックアップした注目の医療ニュースが集まる「Doctors' Picks」。ここで活躍するエキスパート医師のインタビューをお届けします。第1回は近畿大学 主任教授の光冨 徹哉氏です。 2019/08/21 10:00:00
  • 健康長寿の秘訣は「不飽和脂肪酸」―2型糖尿病患者でも明らかに(解説:小川大輔氏)-1104 多くの疫学研究により、赤身肉、ラード、バターなどに含まれる飽和脂肪酸は動脈硬化症や死亡のリスクを上昇させ、反対にオリーブ油、キャノーラ油、大豆油などの植物油や魚油に含まれる不飽和脂肪酸はこれらのリス… 2019/08/21 10:00:00
  • アドヒアランス不良のカリウム薬の中止提案 今回は、長期間にわたってカリウム薬を服用していたことに着目した中止提案です。患者さんより聴取した不満を契機に、医師へ血液検査結果を基にした提案を行い、その後のフォローを行った症例をを紹介します。 2019/08/21 09:59:00
  • “リケジョ” 精密機器産業の見学会 長野 諏訪 「リケジョ」と呼ばれる理系の女子学生たちに進路選択の参考にしてもらおうと、精密機器の産業が盛んな長野県諏訪市で、女性技術者が活躍する企業をめぐる見学会が20日行われました。 2019/08/21 08:12:09
  • 夜間・24時間血圧が、死亡リスク上昇と関連/JAMA  夜間および24時間血圧の上昇は、死亡や心血管アウトカムのリスク上昇と関連し、他の診察室ベースの血圧や自由行動下血圧で補正しても、このリスクの上昇は維持されることが、ベルギー・ルーヴェン・カトリック大… 2019/08/21 04:00:00
  • エヌトレクチニブ、NTRK固形がんとROS1肺がんでFDA承認  2019年8月15日、米国食品医薬品局(FDA)は、NTRK融合遺伝子陽性でほかの治療法がない固形がんに対して、ROS1/TRK阻害薬エヌトレクチニブを迅速承認した。同時に、転移のあるROS1陽性非小細胞肺がん(NSCLC)に対… 2019/08/21 04:00:00
  • 医師は仕事でSNSを使っている? 会員医師アンケート  多くの人が日常的に使っているソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)。人によっては、仕事上の情報収集・情報発信の目的で利用しているケースもある。では、医師の場合、研究や日常診療に役立つ情報を収… 2019/08/21 04:00:00
  • アルコール摂取が心血管疾患に及ぼす影響  アルコール使用は、非感染性疾患の予防および修正可能な因子であり、飲酒量によっては心血管系に複雑な影響を及ぼす。英国・バーミンガム大学のEd Day氏らは、アルコール使用と心血管疾患との関連性について検討… 2019/08/21 04:00:00
  • 高温のアスファルトで重度熱傷の危険、米研究  米国南西部などの高温地域では、太陽に照りつけられて高温になったアスファルトに、たった数秒間触れるだけでも重度のやけど(熱傷)を負う危険性があることが、米ネバダ大学ラスベガス校のPaul Chestovich氏らの… 2019/08/21 04:00:00
  • 糖尿病患者の心不全リスクは男性よりも女性で高い  糖尿病はさまざまな慢性合併症を引き起こすが、少なくとも心不全に関しては、男性に比べて女性でリスクが有意に高いことが、新たな研究により示唆された。このリスク差は、1型糖尿病でより顕著であるという。研究… 2019/08/21 04:00:00
  • 治安の悪い地域に住む小児の喘息管理は家族関係が鍵?  治安の悪い地域に住む喘息持ちの小児では、家族関係が良好であれば喘息の症状が緩和される可能性があることが、新たな研究で明らかにされた。論文の筆頭著者である米ノースウェスタン大学ウェインバーグ総合学院… 2019/08/21 03:59:50
  • 心臓植え込み機器の合併症発生率に施設間格差  ペースメーカーや除細動器などの植え込み型心臓電子機器(CIED)を使用する患者が増えている。オーストラリアAdelaide大学のIsuru Ranasinghe氏らは、オーストラリアとニュージーランドの病院を対象にCIED関連合併症の発生率を比較するコホート研究を行い、リスクを標準化した合併症の発生率に施設間格差が見られたと報告した。結果は、Ann Intern Med誌電子版に2019年7月30日に掲載された。 2019/08/21 00:00:00
  • 薬剤師の平均給与は36万8365円、前年比9636円減  人事院が2019年8月7日に公表した「平成31年職種別民間給与実態調査」の結果によると、19年4月の薬剤師の平均給与(時間外手当を含む)は36万8365円(平均年齢37歳)で、前年の37万8001円(同37.3歳)に比べて9636円減少したことが分かった。 2019/08/21 00:00:00
  • 尿路感染症にキノロンの一辺倒使用はストップ!  複雑性尿路感染症に有効な数少ない抗菌薬も1つであるタゾバクタムナトリウム・ピペラシリンナトリウム(商品名ゾシン、以下、タゾピペ)が2019年秋ごろから供給に支障が出る(関連記事:セファゾリンに次ぎタゾピぺも供給困難に)。 19年6月に発売された新規BLI配合セフェム系抗菌薬はセフトロザン硫酸塩・タゾバクバクタムナトリウム(ザバクサ)の代わりとなり得るのか。また、2019年秋に改訂される予定の「JAID/JSC感染症治療ガイド2019」 の尿路感染症・男性性器感染症について、ガイドライン作成委員会委員を務める兵庫医科大学病院泌尿器科主任教授の山本新吾氏に聞いた(文中敬称略)。 2019/08/21 00:00:00
  • 国際化の進む日本の渡航医学会から 学会初日の7月13日の朝は大雨の中、交番で道を尋ねながら無事に国立国際医療センターに到着。気づいてみれば駅からの一本道でしたが、私は日本国内で通じる携帯電話を持っていないため、ずぶ濡れで路頭に迷わないように細心の注意が必要でした。 2019/08/21 00:00:00
  • ダパグリフロジン、慢性心不全にも良好な成績  英国アストラゼネカは8月20日、SGLT2阻害薬ダパグリフロジンの慢性心不全に対する効果を検証したDAPA-HF試験に関して、主要評価項目(心血管死亡+心不全悪化による入院または予定外の受診)で有意なリスク減少が得られたことを公表した。心不全患者を対象に心血管イベントを主要評価項目とした臨床試験で、有意なリスク減少を示したSGLT2阻害薬は初めて。リスク減少の程度など具体的なデータは、8月31日から仏パリで開催される欧州心臓病学会会議で発表される予定。DAPA-HFは第3相試験として行われており、同社のプレスリリースではダパグリフロジンの適応拡大について、国・地域を特定してはいないが、規制当局との議論をできるだけ早く開始 2019/08/21 00:00:00
  • ダパグリフロジン、慢性心不全にも良好な成績  英国アストラゼネカは8月20日、SGLT2阻害薬ダパグリフロジンの慢性心不全に対する効果を検証したDAPA-HF試験に関して、主要評価項目(心血管死亡+心不全悪化による入院または予定外の受診)で有意なリスク減少が得られたことを公表した。心不全患者を対象に心血管イベントを主要評価項目とした臨床試験で、有意なリスク減少を示したSGLT2阻害薬は初めて。リスク減少の程度など具体的なデータは、8月31日から仏パリで開催される欧州心臓病学会会議で発表される予定。DAPA-HFは第3相試験として行われており、同社のプレスリリースではダパグリフロジンの適応拡大について、国・地域を特定してはいないが、規制当局との議論をできるだけ早く開始 2019/08/21 00:00:00
  • 東電が津波の到達時刻「10秒程度早まる」と訂正 福島第一原発 8年前の福島第一原子力発電所の事故で、津波の到達時刻を推定するのに使った海上の波高計の位置が、当初の報告と違っていたと東京電力が発表しました。これにより、津波の到達推定時刻はこれまでより10秒程度早まると訂正しましたが、東京電力は国会の事故調査報告書などの結果に影響はないとしています。 2019/08/20 18:37:44
  • IBD患者向け症状記録・共有アプリ「IBDホーム」をリリース-武田薬品 武田薬品工業株式会社は、炎症性腸疾患(IBD)患者向けの症状記録・共有アプリ「IBDホーム」のサービス提供を開始したと発表した。 2019/08/20 17:00:42
  • RSウイルス感染症「流行となるおそれ」こまめな手洗いを 乳幼児に肺炎などを引き起こすRSウイルス感染症の今月11日までの1週間の患者の報告数が、ことし初めて5000人を超えました。専門家は、「今後、大きな流行となるおそれがあるため、こまめな手洗いを行うなど、感染に注意してほしい」と話しています。 2019/08/20 13:58:15
  • がんの3年生存率、5年生存率を公表-国がん 国立がん研究センターは、2012年に診断されたがん患者の3年を経過した生存率と、2009~2010年に診断された患者の5年を経過した生存率を報告書にまとめ、ウェブサイトで公開した。 2019/08/20 12:30:41
  • 全国レセプトデータにおける糖尿病診療の質指標を測定-NCGMら 国立国際医療研究センターは、レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)を用いて、2015年度に糖尿病薬の定期処方受けている外来患者が、ガイドラインで推奨されている検査を年1回以上受けている割合を測定したと発表した。 2019/08/20 12:15:12
  • オキサリプラチン投与後の大腸がん組織内白金分布を可視化-九大ら 九州大学は、大型放射光施設SPring-8のX線を臨床医学に応用し、世界で初めて抗がん剤「オキサリプラチン」投与後のヒト大腸がん組織内における白金分布を蛍光X線マッピングにより可視化したと発表した。 2019/08/20 12:00:56
  • アスリートの「筋肉の硬さ」と「競技パフォーマンス」に関連性があると判明-順大 順天堂大学は、アスリートの「筋肉の硬さ」と「競技パフォーマンス」の関連性を明らかにしたと発表した。。 2019/08/20 11:45:36
  • 皆は何を使っている?「SNSの利用状況に関するアンケート」結果発表 今、医師はどんなSNSを使っているのでしょうか?年代別に違いがあるのか、医師ならではの特徴はあるのか、ケアネット会員医師へアンケートを行った結果を発表します。 2019/08/20 10:00:10
  • 「作り笑い」って英語で? 今回ご紹介する「作り笑い」の英訳は、なるほどと思わされる表現です。できれば、こんな作り笑いはせずに、毎日生活していきたいものです。 2019/08/20 10:00:05
  • 低血糖、シックデイ、アドヒア…注射剤にまつわる問題への対処法 わかりにくい高齢者の低血糖、食欲低下、シックデイ、そんなときどうやってGLP-1受容体作動薬とインスリンをコントロールするか、それぞれご紹介します。打ち忘れ予防策も。 2019/08/20 10:00:00
  • 透析患者のEPO抵抗性貧血の解決になるか(解説:浦信行 氏)-1102 同時報告の保存期CKDでも述べたように(「保存期CKD患者の貧血治療が経口薬で」)、roxadustatは経口投与の低酸素誘導因子(HIF)の分解酵素阻害薬であり、結果的にHIFを安定化させて内因性エリスロポエチン(EPO)… 2019/08/20 10:00:00
  • 血中濃度を持続的に維持する小児AD/HD治療薬「ビバンセカプセル」 本剤は、ドパミン/ノルアドレナリン遊離促進・再取り込み阻害薬で、1日1回の服用で血中濃度を持続的に維持し、注意欠陥/多動性障害(AD/HD)の症状を改善します。下平秀夫氏が解説します。 2019/08/20 09:59:00
  • 遺伝学的に血清Caが高い人は骨折しにくいのか/BMJ  正常カルシウム値の集団において、血清カルシウムを増加させる遺伝的素因は、骨密度の上昇とは関連せず、臨床的に意義のある骨折予防効果をもたらさないことが、カナダ・マギル大学のAgustin Cerani氏らの検討で… 2019/08/20 04:00:00
  • 非糖尿病者でHbA1cとがん発症にU字型の関連  HbA1cとがん発症との関連を経時的に評価するため、聖路加国際病院の小林 大輝氏らがHbA1cを複数回測定する縦断研究を実施した。その結果、非糖尿病者においてHbA1cレベルとがんリスクとの間にU字型の関連がみられ… 2019/08/20 04:00:00
  • 喘息患者の3 人に1 人は救急経験あり  アストラゼネカ株式会社は、気管支喘息患者を取り巻く現状や喘息治療の実態を明らかにすることを目的とした患者調査を全国3,000名の患者に実施し、その結果が公表された。  調査結果は今回発表の「喘息患者さん… 2019/08/20 04:00:00
  • 仕事に関連した精神的疲労と不眠症リスク  ノルウェー科学技術大学のEivind Schjelderup Skarpsno氏らは、仕事に関連した精神的疲労と不眠症状リスクとの将来にわたる関連性を調査し、余暇がこの関連性に影響を及ぼすかについて、検討を行った。Behavioral… 2019/08/20 04:00:00
  • ベッドサイドのスマホ充電器で感電事故、米症例報告  ベッドにスマートフォン(スマホ)を持ち込むのは、睡眠の妨げになる以外にも、身体に害になる危険性をはらんでいるようだ。米ミシガン大学C.S. Mott小児病院のCarissa Bunke氏らは、ベッドサイドで使用するスマ… 2019/08/20 04:00:00
  • 就寝前の入浴で睡眠が改善  ぐっすり眠れないという人は、就寝前に入浴するとよいかもしれない。米テキサス大学のShahab Haghayegh氏らの研究から、就寝の1~2時間前に温浴したり温水シャワーを浴びたりすることで、入眠までの時間が短縮し… 2019/08/20 04:00:00
  • 音楽を聴くことで術前のストレスが軽減か  音楽には手術を控えた患者の気持ちを落ち着かせる効果があり、その有効性は医薬品に匹敵する可能性があることが、米ペンシルベニア大学のVeena Graff氏らの研究で示された。術前の末梢神経ブロックを受ける前に患… 2019/08/20 04:00:00
  • 都市の緑化では木陰を作る樹木が良い?  オーストラリアWollongong大学のThomas Astell-Burt氏らは、同国の大都市に住む45歳以上の人々を対象に、居住地域の緑化の程度と住民のメンタルヘルス、および植生の種類との関係を検討するコホート研究を行い、木陰を作る樹木を植えることが住民の精神的健康に貢献するようだと報告した。結果はJAMA Network Open誌電子版に2019年7月26日号に掲載された。 2019/08/20 00:00:00
  • 実は有効?高齢者へのスタチン療法  2019年7月30日付のEuropean Heart Journal誌の電子版に、「心血管疾患の既往がない75歳以上の高齢者に対して、一次予防目的で投与されているスタチンを中止すると、心血管イベントによる入院リスクが増加する」という研究結果が掲載された。つまり、高齢者に対するスタチン系薬剤は、たとえ心血管疾患の一次予防目的であったとしても、継続投与が望ましい可能性が示されたのだ。 2019/08/20 00:00:00
ページの先頭へ