医療ニュース

  • “幻の美人画” 44年ぶりの発見 鏑木清方の代表作 美人画を得意とした日本画家、鏑木清方の代表作として知られながら、清方の死後、所在が分からなくなっていた「幻の美人画」が、44年ぶりに見つかりました。 2019/06/24 18:49:00
  • 「チバニアン」 研究のための自由な立ち入り定める条例制定へ 「千葉時代」を意味する「チバニアン」として、地球の歴史の一時代を代表する「国際標準地」への登録を目指している千葉県市原市の地層をめぐり、申請に反対する研究者が土地の賃借権を得ている問題で、市は研究のための立ち入りを正当な理由なく妨げてはならないことを定める条例を制定し、登録が進むよう取り組むことになりました。 2019/06/24 18:33:54
  • 両陛下 日本芸術院賞授賞式に出席 芸術の分野で優れた業績をあげた人たちに贈られる日本芸術院賞の授賞式が、天皇皇后両陛下も出席されて行われました。 2019/06/24 16:48:47
  • 宮迫博之さんら11人謹慎処分 吉本興業 反社会勢力の会合参加で 大手芸能プロダクションの吉本興業は、5年ほど前に開かれた反社会的勢力が主催する会合に参加して金銭を受け取っていたとして、お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんら所属するお笑い芸人11人を当面、活動を停止し、謹慎処分にしたことを明らかにしました。 2019/06/24 15:47:53
  • 4万人を調べてわかった「太りやすい女性」の共通点 寝室の照明やテレビをつけっぱなしにして眠る女性は、太りやすい可能性があるという研究結果が、「JAMA Internal Medicine」6月10日オンライン版に掲載された。 2019/06/24 14:00:34
  • アルツハイマー病発症に関わる日本人特有の遺伝子変異を同定-長寿研 国立長寿医療研究センターは、孤発性アルツハイマー病(LOAD)患者の網羅的なゲノム解析を行い、発症リスクを高める日本人特有の遺伝子変異を発見したと発表した。 2019/06/24 12:15:26
  • 日本初、網膜色素変性に対する遺伝子治療の医師主導治験を実施-AMED 日本医療研究機構は、網膜色素変性に対する遺伝子治療の医師主導治験おける被験者への治験製品の投与を実施したことを発表した。 2019/06/24 12:00:08
  • 抗うつ剤投与量、「承認範囲内の低め」で効果と副作用のバランスが最適と判明-京大ら 京都大学は、抗うつ剤の投与量は承認範囲内でも低めが最適となることを示したと発表した。。 2019/06/24 11:45:47
  • 高齢者の歯の喪失、喫煙・糖尿病・骨粗しょう症でリスク増、教育歴との関連も-富山大 富山大学は、平成26年に富山県が実施した富山県認知症高齢者実態調査の追加分析を行い、高齢者の歯の喪失に関する新たな知見を得たことを公表した。 2019/06/24 11:30:25
  • 【骨太方針を閣議決定】健康サポート薬局を推進-調剤報酬の適正化も明記 政府は、「経済財政運営と改革の基本方針2019」(骨太の方針)を閣議決定した。。 2019/06/24 11:15:46
  • 【旭川医科大学病院薬剤部】抗薬物抗体が効果に影響か-PD-1阻害薬で前向き研究 免疫チェックポイント阻害薬のニボルマブ(製品名:オプジーボ)、ペムブロリズマブ(製品名:キイトルーダ)の薬物動態と抗体産生が誘導される免疫原性の関係について長期に観察した結果、薬剤投与で日本人患者の体内に誘導される「抗薬物抗体」の産生が臨床アウトカムに影響を与える可能性が、福土将秀氏(旭川医科大学病院副薬剤部長)らが実施中の前向き観察研究で分かった。 2019/06/24 11:00:41
  • アルバイト代はどのくらい? ケアネット会員医師1,000人に聞いた、年収に関する現実と本音のアンケート結果、第2弾。主収入以外のアルバイト代について、年代、性別、病床数、勤務施設、診療科別にデータをまとめました。 2019/06/24 10:00:00
  • 長生きするスポーツはどれ? 生活習慣病の予防・治療には運動が不可欠ですが、継続するスポーツによって、平均余命に差があるようです。テニス、サッカー、体操では、どれが1番長生きできるのでしょうか。クイズ形式で考えてみましょう。 2019/06/24 10:00:00
  • 不整脈を焦らず対処できるダイヤグラム 普段使っている心電図は、心臓の目に見える活動を把握するには有用ですが、不整脈のような電気刺激の乱れはわかりません。そんな時に便利な“心臓刺激のダイヤグラム”を紹介します。 2019/06/24 10:00:00
  • 母の死をきっかけにグリーフケアを極めた大森眞樹先生 今回のゲストは熊本県の大森眞樹先生。母親を亡くし、自らグリーフ(悲嘆)を抱えた経験からグリーフケアの資格を取得。その重要性と傾聴の技術について語ります。 2019/06/24 09:59:00
  • 運転停止中の東海第二原発 地震による異常なし 日本原子力発電によりますと震度1の揺れを観測した茨城県東海村にある東海第二原子力発電所は現在、運転を停止中で地震による異常の報告はこれまでのところないということです。また、原発周辺の放射線量を測定するモニタリングポストの値にも午前9時20分現在、変化はないということです。 2019/06/24 09:29:17
  • 部屋にいるだけでスマホに充電 「ワイヤレス充電」実用化へ コンセントにつながなくても部屋の中にいるだけで、スマートフォンなどが充電できる技術の開発に東京大学の研究グループが取り組んでいて、今後、企業と協力して実用化を急ぐことにしています。 2019/06/24 04:10:29
  • HER2陽性早期乳がん、トラスツズマブ投与期間短縮で効果は?/Lancet  HER2陽性早期乳がんの治療において、トラスツズマブの6ヵ月投与は、12ヵ月投与に対し非劣性であることが、英国・ケンブリッジ大学のHelena M. Earl氏らが行った「PERSEPHONE試験」で示された。研究の成果はLancet… 2019/06/24 04:00:00
  • 中高年ハイリスク2型DMにデュラグルチドが有用/Lancet  心血管疾患の既往または心血管リスク因子を有する2型糖尿病の中年~高齢患者の血糖コントロールにおいて、デュラグルチド(商品名:トルリシティ)皮下注は有用なマネジメントの方法となりうることが、カナダ・マ… 2019/06/24 04:00:00
  • 日本人高齢者におけるアルコール摂取と認知症  岡山大学のYangyang Liu氏らは、日本人高齢者におけるアルコール摂取の量や頻度と認知症発症との関連を評価するため、長期間のフォローアップを行った大規模サンプルデータを用いて検討を行った。Geriatrics & Ge… 2019/06/24 04:00:00
  • 患者の死への立ち合い方-医学部で教わらなかった大切なこと  医師として働いている以上、何百回と患者の死に立ち合う。死は医療者にとっての日常だが、患者と家族には人生で数回しかない出来事だ。ある意味、死に慣れている医療者の悪気ない言動は、時に家族の悲しみを深め… 2019/06/24 04:00:00
  • 終末期14日間の化学療法、5%未満に減少/JCO  終末期(end of life、以下EOL)がん患者の積極的治療について、わが国でも高齢者においては中止を支持する機運が醸成されつつあるのではないだろうか。米国ではEOL化学療法は、最も広く行われている、不経済で、… 2019/06/24 04:00:00
  • 医師のバーンアウトで年間50億ドルの医療費増、米研究  疲労でストレスがたまった医師たちが働き続けることで、不十分な医療ケアや患者の不満、医療過誤訴訟を招き、米国の医療費を増大させている―。そんな研究結果を、シンガポール国立大学のJoel Goh氏らが「Annals o… 2019/06/24 04:00:00
  • 2型糖尿病に関与する新たな遺伝子変異を同定、米研究  2型糖尿病の発症リスクには、食事と運動などの生活習慣に加えて遺伝的な要因も重要であることが知られている。米ミシガン大学公衆衛生大学院遺伝統計学センター部長のMichael Boehnke氏らによる国際共同研究で、2… 2019/06/24 04:00:00
  • 敗血症サバイバーの長期死亡の危険因子は?  敗血症でICUに入院したが生存退院できた敗血症サバイバーの、長期的な死亡リスクは高い。英国St Thomas' HospitalのManu Shankar-Hari氏らは、サバイバーの死亡にかかわる危険因子の同定に取り組み、一般的な患者特性と敗血症特異的な患者特性の候補を特定した。詳細は、JAMA Network Open誌電子版に2019年5月31日に掲載された。 2019/06/24 00:00:00
  • 単回使用機器、再製造するには「隔離保管」を  2017年7月に単回使用医療機器(SUD)の再製造に関する制度(再製造単回使用医療機器基準)が設立され、早2年が経とうとしている。1回限り使用できることとされているSUDを医療機器製造販売業者が収集し、分解、洗浄、部品交換、再組立て、滅菌などの処理を行い、再びSUDとして使用できるようにするための制度だ。 2019/06/24 00:00:00
  • 緩和ケアの若手医師、69%に燃え尽き、30%に心理的苦痛 緩和ケアを志す若手医師を対象に燃え尽き度や心理的苦痛の有無を調査した結果、69.4%に燃え尽きが見られ、30.1%に気分・不安障害が認められることが分かった。国立がん研究センター東病院緩和医療科の松本禎久氏らが、第24回日本緩和医療学会学術大会(6月21~22日、横浜市)で発表した。 2019/06/24 00:00:00
  • 認知症大綱、6万人の薬剤師に研修受講を 2019年6月19日、認知症施策推進関係閣僚会議(第2回)が開催され、「認知症施策推進大綱」が取りまとめられた。 2019/06/24 00:00:00
  • 不眠患者が抱える不安に応えて、BZ系薬の適正使用に貢献を  診療報酬改定の減算によって、不眠患者へのベンゾジアゼピン(BZ)系薬の処方は本当に減っているのか。BZ系薬の処方動向とともに、BZ系薬の適正使用に向けて薬剤師に期待することを、東京女子医科大学医学部精神医学講座准教授の稲田健氏に聞いた。(聞き手は本誌編集長、佐原 加奈子) 2019/06/24 00:00:00
  • 育休中の勉強代は会社持ち? 現在、育児休業中の薬局薬剤師です。休みの間に、業務に役立つような栄養関係の通信教育を受講したいと考えているのですが、費用は会社に請求できるのでしょうか。 2019/06/24 00:00:00
  • 「宇宙運用センター」米軍公開 背景に中ロの脅威 軍拡懸念も 宇宙空間の監視や防衛を担うアメリカ軍の「連合宇宙運用センター」がNHKなど一部のメディアに公開されました。アメリカ軍は中国やロシアが衛星への攻撃能力を高める中、防衛力の強化と同盟国との協力態勢の構築を進める方針です。 2019/06/23 18:26:14
  • 「着床前スクリーニング」 医療機関増やし効果の有無を調査へ 体外受精させた受精卵の染色体を調べ、異常がないものを選んで子宮に戻す「着床前スクリーニング」について、日本産科婦人科学会は、流産を減らすなどの効果があるか症例数を大幅に増やして調べるため、実施する医療機関を増やす方針を決めました。 2019/06/23 05:04:47
  • みずから標的定めるAI兵器 規制や禁止求める主張相次ぐ 技術開発と倫理の在り方を考えるセミナーが、アメリカのサンフランシスコで開かれ、人工知能がみずから標的を定めて攻撃するAI兵器をめぐって参加者から一定の規制や全面的な禁止を求める主張が相次ぎました。 2019/06/22 20:26:39
  • 新型出生前検査 国の検討会の議論待ち 当面 認可施設増やさず 生まれる前の赤ちゃんに染色体の異常がないかを調べる新型出生前検査について、国が検討会を設置して検査の在り方を議論することを決めました。これを受けて、日本産科婦人科学会は実施施設の条件を緩和して検査を行う施設を増やす新しい指針の運用を当面は見合わせることを決めました。 2019/06/22 20:21:08
  • 鎮咳薬:まずメジコン、不十分ならコデイン系?  日経メディカル Onlineの医師会員を対象に、鎮咳薬のうち最も処方頻度の高いものを聞いたところ、37.2%の医師がデキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物(商品名:メジコン他)と回答した。 第2位のチペピジンヒベンズ酸塩(アスベリン)は14.7%、第3位のジメモルファンリン酸塩(アストミン他)は12.6%の医師が、最も処方頻度の多い薬剤として選んだ。 2019/06/22 00:00:00
  • AI導入で、「医療・ヘルスケア」の未来はどう変わるのか?-Ubie AIの医療への導入事例の認知や技術的背景の理解促進に向け、Ubie株式会社は「医療従事者・患者に寄り添うAI×医療サービスとは?」と題してメディアラウンドテーブルを開催した。 2019/06/21 18:00:23
  • 「食べる順番」がポイント!糖尿病予防に効果的な食べ方とは? 「食品の選び方」と「食べる順番」が2型糖尿病の発症リスクに影響することを示した3件の研究結果が、米国栄養学会で発表された。 2019/06/21 14:00:03
  • 皮膚の感覚神経が「皮膚バリア」によって恒常的に保護されるメカニズムを解明-理研 理化学研究所は、ヒトの正常皮膚の表皮内において、神経線維がタイトジャンクションと呼ばれる皮膚バリア構造の内側に、常に保持されていることを明らかにしたと発表した。 2019/06/21 13:00:35
  • ポリフェノール「ロスマリン酸」にアルツハイマー病を予防する作用機序を発見-東大ら 東京大学は、ポリフェノールの一種、ロスマリン酸を摂食したマウスの脳内において、ドーパミンをはじめとするモノアミンの濃度が上昇し、それらがアルツハイマー病の主病態であるアミロイドβ(Aβ)凝集を抑制することを見出したと発表した。 2019/06/21 12:45:21
  • 核酸医薬「HDOアンチミア」の開発に成功、従来の10倍以上の効果-東京医歯大ら 東京医科歯科大学は、マイクロRNAを標的とした従来の核酸医薬の効果を飛躍的に向上する新技術の開発に成功したと発表した。。 2019/06/21 12:30:05
  • トルリシティ、幅広い2型糖尿病患者の主要心血管イベントを有意に減少-リリー 日本イーライリリー株式会社は、2型糖尿病治療薬「トルリシティ(R)」の心血管アウトカム試験であるREWIND試験の詳細な結果から、主要心血管イベントの発現率が12%有意に低下したことが示されたと発表した。 2019/06/21 12:15:06
  • 途上国の子ども130万人の感染症対策に40億ドル 政府 世界の貧困や格差の解消などを目的に国連が定めた「SDGs」=「持続可能な開発目標」の達成に向け、政府はことしの行動計画を改定し、新たに途上国の130万人の子どもの感染症対策などに40億ドルを拠出することを盛り込みました。 2019/06/21 11:48:14
  • 【国際医療福祉大学】福岡県南部に薬学部新設へ-臨床に強い薬剤師を育成 国際医療福祉大学は来年4月、福岡県南部にある大川キャンパスに「福岡薬学部・薬学科」を新設する計画である。。 2019/06/21 11:45:04
  • お遍路さん減少 10年で平均38%減 四国にある八十八か所の霊場を対象に行ったアンケートで、回答したすべての寺では、この10年で巡礼者が減り、減少割合は平均で38%に上ったことが四国経済連合会などの調査で分かりました。 2019/06/21 11:37:29
  • 副作用報告、少なさに懸念-医師からの件数わずか1割 医薬品医療機器総合機構の運営評議会が17日に都内で開かれ、医薬品の副作用報告制度について、委員から医薬関係者の報告件数の少なさを懸念する声が上がった。 2019/06/21 11:30:47
  • カレーを食べて血管炎の症状指標に “医学的にも興味深く何だかちょっと不思議な”医学論文を紹介します。第141回は、「カレーを食べて血管炎の症状指標に」。 2019/06/21 10:00:10
  • Albが異常、考えられる原因は? 「エーエルビーって結果でよく見ますけど、なんですか?」といった患者さんの疑問を、獨協医科大学病院の志水太郎氏が監修するスライドでサクッと解決しませんか? 2019/06/21 10:00:00
  • 欧州発明家賞に「リチウムイオン電池の父」吉野彰さん ヨーロッパの特許庁が主催することしの「欧州発明家賞」に、携帯電話や電気自動車などに広く使われているリチウムイオン電池の開発に貢献した大手化学メーカー「旭化成」の名誉フェロー、吉野彰さん(71)が選ばれました。 2019/06/21 07:31:28
  • 「宇宙ビジネス」支援予算 全国8道県で計27億円に ロケット発射場を整備する企業に無利子で融資した和歌山県や、人工衛星の開発に企業と協力して取り組む福井県など、全国の8つの道と県が「宇宙ビジネス」を支援するために計上した今年度の予算が総額でおよそ27億円に上ることがNHKの取材でわかりました。 2019/06/21 07:06:13
  • 銀河が合体する様子 観測に成功 131億光年離れた宇宙で 地球から131億光年離れた宇宙のはるかかなたで2つの銀河が合体する様子を早稲田大学などのグループが観測することに成功し、宇宙の成り立ちの謎に迫る成果として注目されています。 2019/06/21 04:21:42
  • 局所進行子宮内膜がん、術後化学放射線療法vs.化学療法/NEJM  StageIIIまたはIVAの子宮内膜がん患者において、化学療法と放射線療法の併用は化学療法単独と比較し、無再発生存期間を延長しないことが示された。米国・ノースウェスタン大学のDaniela Matei氏らが、第III相多施… 2019/06/21 04:00:00
  • 経口セマグルチドの心血管安全性を確認/NEJM  心血管リスクが高い2型糖尿病患者を対象とした、標準治療への経口セマグルチド追加投与の安全性を評価した多施設共同無作為化二重盲検プラセボ対照比較試験「Peptide Innovation for Early Diabetes Treatment 6… 2019/06/21 04:00:00
  • 会員医師の最多年収帯は1,600~1,800万円  ケアネットでは、5月30日(木)~6月3日(月)に会員医師1,000人を対象に、インターネットによる「年収に関するアンケート」を行った。その結果、81%が1,000万円以上の年収額を回答し、その中で最も多い年収帯は… 2019/06/21 04:00:00
  • サルコペニアは肺がん患者の約半数に合併し、OSを短縮する/Chest  健康寿命を延ばすキーワードの1つとして注目されるようになったサルコペニア(骨格筋減少)だが、疾患予後との関連も注目されている。中国・四川大学のMing Yang氏らは、さまざまな報告がある肺がん患者の予後と… 2019/06/21 04:00:00
  • 高感度トロポニンT、アブレーション後のAF再発予測に有用か  高感度トロポニンT(hs-TnT)が、心房細動(AF)アブレーション後のAF再発および主要心血管イベント(MACE)の予測に有用である可能性を、大阪市立大学の田村 尚大氏らが報告した。Journal of Cardiovascular Ele… 2019/06/21 04:00:00
  • 抗うつ薬の治療効果に影響を及ぼす因子~メタ解析  抗うつ薬への治療反応を事前に知ることは、臨床的に重要である。しかし、有意義なeffect modification(異なる治療反応に関連する変数)はわかっていない。統計数理研究所の野間 久史氏らは、effect modification… 2019/06/21 04:00:00
  • 電子タバコでも3人中2人が「使用をやめたい」、米調査  電子タバコを使用している米国成人の3人中2人は、「電子タバコをやめたい」と考えていることが、米ラトガース大学心理学科のRachel Rosen氏らの調査で明らかになった。4人中1人以上は過去1年間に電子タバコをやめ… 2019/06/21 04:00:00
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対する第2のアンドロゲン受容体シグナル伝達阻害薬  2019年5月30日、抗悪性腫瘍薬アパルタミド(商品名アーリーダ錠60mg)が発売された。本薬は3月26日に製造承認され、5月22日に薬価収載された。適応は「遠隔転移を有しない去勢抵抗性前立腺癌」、用法用量は「1日1回240mgを経口投与。患者の状態により適宜減量」となっている。 2019/06/21 00:00:00
  • 人工網膜デバイスの欧州での市販後調査  欧州では2011年から、米国では2013年から、網膜色素変性症などの治療に用いられている人工網膜デバイス「Argus II」の市販後評価を行った、ドイツAachen工科大学のKim Schaffrath氏らは、治療適用から1年後の時点では、承認前に示された以外の新たな有害事象は見られておらず、患者の視覚機能には改善が認められたと報告した。結果はJAMA Ophthalmology誌電子版に2019年5月30日に掲載された。 2019/06/21 00:00:00
  • 糞便移植療法で患者が死亡、FDAが警告を発出 「糞便移植療法(FMT)には、深刻な、または命にかかわる感染リスクが潜んでいる可能性がある」――。米国食品医薬品局(FDA)は2019年6月13日、「Important Safety Alert Regarding Use of Fecal Microbiota for Transplantation and Risk of Serious Adverse Reactions Due to Transmission of Multi-Drug Resistant Organisms」と題した警告を発出した。 2019/06/21 00:00:00
  • 薬剤師が考える「お弁当問題」 先日、SNS(交流サイト)を見ていたら、製薬会社が研修会や学会のランチョンセミナーで提供するお弁当のことが話題になっていました。 2019/06/21 00:00:00
  • 財政審、調剤料引き下げを明記した建議を提出 財政制度等審議会・財政制度分科会は2019年6月19日、「令和時代の財政の在り方に関する建議」を麻生太郎財務相に提出した。 2019/06/21 00:00:00
  • 山梨のウエルシア薬局で調剤過誤報道 2019年6月19日付で、全国紙が、ウエルシア薬局甲府若松店(山梨県甲府市)で調剤過誤があったと報じた。 2019/06/21 00:00:00
  • 新繊維のTシャツ公開 参考にしたのは…クモの糸 クモの糸を参考にして作った新繊維を用いて、山形県のベンチャー企業などがTシャツをつくり、20日、都内で公開しました。 2019/06/20 18:56:43
  • 対局記録する棋譜にAI導入へ 記録係が人手不足 将棋連盟 日本将棋連盟は対局を記録する棋譜について、記録係の人手不足に対応するため国内のメーカーと連携し、AIを使った記録システムを導入することになりました。 2019/06/20 18:35:51
  • クジャクの羽の色“構造色” 人工で再現 京大などが研究 クジャクの羽やコガネムシの体の表面などに見られる光沢を持った独特な色を作り、極めて高い解像度で印刷することに成功したと京都大学の研究グループが発表しました。 2019/06/20 16:21:23
  • 遺伝性脊髄小脳変性症の原因「TMEM16K」の生理的機能を解明-東北大 東北大学は、生体膜をつくる主要な脂質であるホスファチジルセリン(PS)を観察する新たな方法を開発し、遺伝性脊髄小脳変性症の原因遺伝子のひとつであるタンパク質TMEM16Kが細胞内部の生体膜のPS分布を変化させる機能を持つことを明らかにしたと発表した。 2019/06/20 12:45:21
  • 物を噛む動作が、異なる2つの運動制御機構に働いていることが判明-東京医歯大ら 東京医科歯科大学は、口で物を噛む動作が、異なる2つの運動制御機構に働くことを解明したと発表した。。 2019/06/20 12:30:06
  • 細胞死「フェロトーシス」が、脂肪肝から肝炎発症の引き金になることが判明- NCGM 国立国際医療研究センターは、マウスを用いた研究から、フェロトーシスと呼ばれる特殊な細胞死が、脂肪肝から非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)発症への引き金を引いていることを明らかにしたと発表した。 2019/06/20 12:15:52
  • 「心・血管修復パッチ OFT-G1」の臨床試験を開始-大阪医科大ら 大阪医科大学は、福井経編興業株式会社、帝人株式会社と共同で開発を進めている「心・血管修復パッチ OFT-G1(仮称)」の臨床試験を開始し、治験実施医療機関において開発品を使用した第1例目となる手術が実施されたと発表した。 2019/06/20 12:00:34
  • 横から失礼します Dr.中島に負けない勉強家の奥様。オンライン英会話に四苦八苦する様子を見て自身も参戦してみたところ、これが意外に… 2019/06/20 10:00:00
  • 年収が高い診療科は? ケアネット会員医師1,000人に聞いた、年収に関する現実と本音のアンケート結果。第1回は、昨年度の年収について、年代、性別、病床数、勤務施設、診療科ごとにまとめてみました。 2019/06/20 10:00:00
  • アフターピル処方、どこまでハードル下げる? 昨年度の診療報酬改定で注目されるようになったオンライン診療。手探り状態の中で議論を呼んだのが、アフターピルの取り扱いです。先生方、どう考えますか? 2019/06/20 10:00:00
  • ASCO2019消化器がんレポート(大腸がん) ASCO2019下部消化管の最新情報を相澤病院 中村将人氏がレポート。大腸がんの最新情報はこれだ。 2019/06/20 10:00:00
  • 逆流性食道炎では柑橘類に注意 逆流性食道炎の患者さんは、柑橘類のフルーツやジュースを食べたり飲んだりすることで、胸焼けなどの症状を起こすことがあります。そういった症状を訴える患者さんには、柑橘類を避けるように勧めましょう。 2019/06/20 09:59:00
  • 冠動脈疾患疑い患者にCTAが有用な臨床的指標は?/BMJ  安定胸痛があり冠動脈疾患が疑われる患者に対して、冠動脈CT血管造影(冠動脈CTA)による恩恵があるのは、臨床的な検査前確率が7~67%の範囲の患者であることが明らかにされた。また、冠動脈CTAの診断精度は、経… 2019/06/20 04:00:00
  • 2型DMへのGLP-1、経口薬vs.皮下注/Lancet  2型糖尿病の患者に対するGLP-1受容体作動薬は、現在、皮下注製剤のみが承認されている。米国・AdventHealth Translational Research Institute for Metabolism and DiabetesのRichard Pratley氏らは、開発中のセ… 2019/06/20 04:00:00
  • アテゾリズマブ+ベバシズマブ+化学療法、肺がん肝転移例に良好な結果(IMpower150)/ASCO2019  非小細胞肺がん(NSCLC)のうち化学療法未治療の肝転移を有する非扁平上皮がんでは、ベバシズマブ・化学療法併用にアテゾリズマブを追加することで、ベバシズマブ・化学療法併用に比べ、無増悪生存期間(PFS)と… 2019/06/20 04:00:00
  • メトホルミン、軽度~中等度腎機能障害にも処方可-使用上の注意改訂  2型糖尿病治療薬のメトホルミン含有製剤の添付文書について、2019年6月18日、厚生労働省より使用上の注意改訂指示が発出された。  これまで、メトホルミン含有製剤は軽度~中等度腎機能障害の患者も禁忌とされ… 2019/06/20 04:00:00
  • 高齢者のてんかん治療とADLとの関連  高齢者におけるてんかん発作の抑制は、比較的容易であると広く考えられている。これは、高齢者の生活様式がてんかんの治療結果に影響を及ぼしている可能性があるとも考えられる。聖隷浜松病院てんかんセンターの… 2019/06/20 04:00:00
  • 巨匠ダ・ヴィンチはADHDだった可能性  ルネサンス期の巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが作品を完成させるのに苦労していたのは、彼に注意欠如・多動症(ADHD)があったからではないか、とする説を英キングス・カレッジ・ロンドンのMarco Catani氏らの研… 2019/06/20 04:00:00
  • 大気汚染による死者数減でも脅威は続く、米研究  米国では過去10年間に大気汚染が大幅に改善し、大気汚染による死者数も大きく減少したことが、米ニューヨーク大学公衆衛生・環境医学准教授のKevin Cromar氏らの研究から明らかになった。一方、同氏らは、このよ… 2019/06/20 04:00:00
  • PPIの長期使用は死亡リスク上昇に関係する  米国Veterans Research and Education Foundation of St LouisのYan Xien氏らは、プロトンポンプ阻害薬(PPI)の長期間の使用が総死亡率と原因特異的死亡率に及ぼす影響を明らかにするために、米国の退役軍人の医療記録を対象にコホート研究を行い、同じ制酸薬であるH2ブロッカーを長期間使用していた患者に比べ、PPI使用者の死亡リスクが高かったと報告した。結果はBMJ誌電子版に2019年5月30日に掲載された。 2019/06/20 00:00:00
  • 推定右室収縮期圧が30mmHg超で死亡リスク上昇  オーストラリアの大規模コホートのデータを用いて、肺高血圧(PHT)と死亡リスクの関連が検討された。 2019/06/20 00:00:00
  • ツルハ、ドラッグストア売上高首位に 大手ドラッグストアチェーンのツルハホールディングス(HD、札幌市東区)は2019年6月17日、2019年5月期の決算説明会を開催した。 2019/06/20 00:00:00
  • NPhAが地域支援体制加算の要件緩和を要望  日本保険薬局協会(NPhA)の調査の結果、2018年度調剤報酬改定で新設された地域支援体制加算を取得している薬局は、回答した8022薬局のうち29%に当たる2329薬局だったが、そのうち調剤基本料1以外で加算しているのは4薬局にとどまることが明らかになった。調査は、2020年度調剤報酬改定要望の根拠とすることを目的として、NPhAの正会員企業を対象に、2018年度改定の影響度を2019年3月6日~4月19日にオンライン上で調査したもの。96社から回答を得た。 2019/06/20 00:00:00
  • 胃潰瘍の考え方と漢方処方  胃潰瘍は、胃粘膜に対する攻撃因子と防御因子のバランスが崩れて攻撃因子が強くなり過ぎた状態になり、胃酸やペプシンにより胃が侵食され、潰瘍が生じた状態です。漢方では、六腑の1つである胃の機能の失調や陰液の不足を正常化させることにより、胃潰瘍の根本治療を行います。 2019/06/20 00:00:00
  • 甲武信ヶ岳周辺 「ユネスコエコパーク」登録へ ユネスコは日本時間の19日、パリで理事会を開き、自然と文化を守りながら研究や観光などに活用する「ユネスコエコパーク」に、山梨・埼玉・長野・東京にまたがる甲武信ヶ岳周辺の「甲武信」を新たに登録することを決めました。 2019/06/19 20:43:55
  • 「燃料プールの冷却に異常」と東電が記載ミス 柏崎刈羽原発 18日夜の地震で、新潟県にある柏崎刈羽原子力発電所の状況を東京電力が自治体にファックスで知らせる際、誤って使用済み燃料プールの冷却の電源に異常があると記載するミスがあり、東京電力は19日、柏崎市などに謝罪しました。柏崎市はあってはならないミスだとして抜本的な改善を求めています。 2019/06/19 18:35:15
  • 科学技術戦略 AIなどを重点分野に位置づけ人材育成 政府は、急速に進む技術革新を取り入れた社会を実現するため、AI=人工知能やバイオテクノロジーを重点分野に位置付けて、人材育成などを集中的に進めるとした、ことしの科学技術戦略をまとめました。 2019/06/19 18:31:45
  • 原子力規制委 関電に3原発対策の申請し直し命ずる 福井県にある関西電力の3つの原子力発電所について、原子力規制委員会は19日、新しい研究に基づくと敷地内に積もる火山灰の想定が少なく、規制基準に適合していないとして想定を見直し、必要な対策を申請し直すよう命じました。 2019/06/19 16:35:38
  • 網膜が光を感知する時、光受容タンパク質が瞬間的に集合していることが判明-神戸大 神戸大学は、光受容タンパク質ロドプシンが網膜の円板膜内で一過性のクラスターを形成することを近赤外波長での単一分子追跡で明らかにしたと発表した。 2019/06/19 14:30:35
  • 血液中を巡るNAD合成系酵素「eNAMPT」が、哺乳類の老化と寿命を制御-AMED 日本医療研究開発機構(AMED)は、血液循環中にあるNAD合成系酵素「eNAMPT」が、マウスとヒトで加齢に伴い減少すること、またマウスでは血液中のeNAMPT量が個々の個体の余命と強い正の相関を示すことを明らかにしたと発表した。 2019/06/19 14:15:53
  • 難易度の高い冠動脈複雑病変、PCIの治療どこまで―ボストン・サイエンティフィック ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社は、冠動脈複雑病変に対する経皮的冠動脈インターベンション(PCI)における課題と今後の展望をテーマにプレスセミナーを開催し、自治医科大学附属さいたま医療センター循環器内科准教授の坂倉建一氏と藤田医科大学医学部循環器内科准教授の村松崇氏が講演した。 2019/06/19 14:00:17
  • 【日病薬】補助者の業務範囲など検討-「業務あり方検討会」を新設 日本病院薬剤師会の木平健治会長は、都内で開いた通常総会で、「病院診療所薬剤師業務のあり方に関する検討会」を新設したことを報告した。 2019/06/19 13:15:28
  • 【PMDA委員会】先駆け審査制度に慎重意見-「ゾフルーザ」の耐性問題で 医薬品医療機器総合機構の審査・安全業務委員会が開かれ、画期的な作用機序などを持つ医薬品を対象に審査期間を短縮する「先駆け審査指定制度」について、委員から慎重さを求める意見が上がった。 2019/06/19 13:00:12
  • 日本の寒冷凝集素症(CAD)患者を対象にしたデータベース研究の結果を発表-サノフィ サノフィ株式会社は、日本の寒冷凝集素症(CAD)患者の血栓塞栓イベントリスクが対照群と比べて高いことを示したデータベース研究を公表した。 2019/06/19 12:15:53
  • 新しい経験を記憶する新たな神経細胞集団を発見-富山大ら 富山大学は、自由行動下のマウスの脳内で、記憶を獲得した神経細胞集団に特有の活動を光で測定する技術を開発し、新しい出来事を経験した記憶が脳内で保持される様子と記憶が定着する様子を観察することに成功したと発表した。 2019/06/19 12:00:36
  • 想像以上に深刻。筋肉増強サプリによる健康被害の実態 ティーンエージャーや若年成人はビタミン剤を摂取してもほぼ問題ないが、減量や筋肉増強、活力増進などの効果を謳ったサプリメントを摂取すると、重篤な健康問題につながる危険性があることが、米ハーバード大学T.H.チャン公衆衛生大学院のFlora Or氏らの研究で明らかになった。 2019/06/19 10:00:29
  • 判断力の欠如により結婚し、忍耐力の欠如により離婚!? さらに、記憶力の欠如により再婚するそうです。フランス人劇作家による金言はともあれ、今回は、愛情の深さの正常値(?)の例を、ある正確な測定値を基準にご紹介します。 2019/06/19 10:00:10
ページの先頭へ