医療ニュース

  • 被爆の「旧陸軍被服支廠」 市民ら保存望む声 広島 広島市内にある被爆建物を市民が見学する催しが7日、開かれ、広島県が一部を解体する方針案を示している「旧陸軍被服支廠」では参加者から建物すべての保存を望む声が聞かれました。 2019/12/07 16:26:58
  • 千本釈迦堂で「大根だき」 京都 無病息災を願って大きな釜で炊いた大根を食べる京都の師走の風物詩、「大根だき」が京都市の千本釈迦堂で行われています。 2019/12/07 13:46:50
  • COP25でデモ グレタさん「変化を起こしましょう」 地球温暖化対策を話し合う国連の会議、COP25が開かれているスペインで若者たちが中心になって各国政府に対策の強化を迫る大規模なデモが行われました。デモには温暖化対策を求める若者の運動を世界的に広げたグレタ・トゥーンベリさんも参加し「希望はあなたたちにあります。変化を起こしましょう」と呼びかけました。 2019/12/07 06:06:02
  • ノーベル賞 吉野彰さん 授賞式で着るえんび服を試着 ノーベル賞の授賞式に出席するためスウェーデンのストックホルムを訪れている吉野彰さんは、市内にある老舗の紳士服店で授賞式で着るえんび服を試着しました。 2019/12/07 04:55:31
  • 平均乖離率は約8%、後発品シェアは約76.7% 中央社会保険医療協議会(中医協)総会が2019年12月4日に開催され、医薬品価格調査結果(薬価本調査)の速報値が発表された。平均乖離率は約8.0%で、投与形態別、主要薬効群別のデータは表1の通り。 2019/12/07 00:00:00
  • 人工的に「流れ星」作り出す 超小型衛星打ち上げ 人工的に流れ星を作って新たなイベントを行う、東京のベンチャー企業の超小型の人工衛星が、日本時間の6日午後、ニュージーランドからミニロケットで打ち上げられ、予定の軌道に投入されました。 2019/12/06 22:00:44
  • ノーベル賞 吉野彰さん 恒例のイスにサイン ストックホルム ことしのノーベル化学賞に選ばれた吉野彰さんは、授賞式を前にスウェーデンのストックホルムにあるノーベル博物館を訪れ、館内にあるカフェのイスにサインする恒例の行事に参加しました。 2019/12/06 21:53:42
  • U2「命奪っても誇りは奪えない」公演で中村氏追悼 アフガニスタンで、医師の中村哲さんが銃撃され亡くなったことを受け、さいたま市で開かれた世界的な人気を誇るロックバンドU2のコンサートでは、バンドの呼びかけで観客が一斉にスマートフォンのライトをともして、中村さんの死を悼みました。 2019/12/06 20:56:16
  • ゲノム編集の新手法を開発 大阪大学などの研究グループ 自在に遺伝子を操作でき、農水産物の品質改良や病気の治療法の開発などへの応用が進む「ゲノム編集」について、大阪大学などの研究グループが新しい手法を開発しました。これまでの手法より精度が高く、使い勝手がよいのが特徴だとしています。 2019/12/06 20:44:57
  • 赤ちゃんのけいれんにはスマホ? 赤ちゃんが熱を出してけいれんを起こした際に、その様子をスマホで撮影した母親が医師に動画を見せ、的確な診断につながった経験をSNSに投稿して話題になっています。医療関係者も「小さな子を持つ人たちも、ぜひ参考にしてほしい」と話しています。 2019/12/06 19:48:14
  • 【インフルエンザ流行レベルマップ第48週】全47都道府県で前週報告数より増加-感染研 国立感染症研究所は12月6日、2019年第48週:11月25日~12月1日(12月4日現在)のインフルエンザ流行レベルマップと、それに対するコメントを、同研究所のウェブサイトに掲載した。 2019/12/06 18:45:11
  • 養殖ベニザケ実用化へ向け 成長具合を確認 北海道根室市 ベニザケの養殖技術の研究に取り組んでいる北海道根室市で、稚魚から育てたベニザケを、海の生けすから回収して成長具合を確認する調査が行われました。 2019/12/06 17:42:47
  • AIでインフル予報 実証実験始まる さいたま AI=人工知能を使って、自治体ごとにインフルエンザの流行を予報する新しいサービスの実証実験が、さいたま市で始まりました。 2019/12/06 15:55:45
  • 2型糖尿病女性の認知症、低用量アスピリン療法で発症リスク低下の可能性-兵庫医大ほか 兵庫医科大学は、低用量アスピリン療法が、2型糖尿病女性患者の認知症発症リスクを低下させる可能性を明らかにしたと発表した。 2019/12/06 11:45:37
  • ステージ2の肝細胞がんに対する新治療法、無増悪生存期間の延⾧効果を治験で証明-近大 近畿大学は、肝細胞がんに対する「肝動脈塞栓療法」と分子標的薬「ソラフェニブ」の併用療法に関する臨床試験の結果を発表した。 2019/12/06 11:30:18
  • 日本における「認知症カフェ」の実態を、大規模調査で明らかに-藤田医科大 藤田医科大学は、2016年度に世界で初めて行った、認知症カフェに関する大規模調査の結果を発表した。。 2019/12/06 11:15:05
  • 「快感」や「意欲」など、ドーパミンによる報酬記憶制御の分子メカニズムを解明-名大 名古屋大学は、「快感」や「意欲」などの感情を引き起こすドーパミンによる報酬(快感)関連行動・記憶形成制御の分子メカニズムを明らかにしたと発表した。 2019/12/06 11:00:49
  • 【アステラス製薬】米企業を約3300億円で買収-遺伝子治療薬の基盤獲得 アステラス製薬は3日、アデノ随伴ウイルス(AAV)を用いた遺伝子治療薬を開発する米バイオ企業「オーデンテス」を買収すると発表した。 2019/12/06 10:30:53
  • 【厚労省】市場価と約8%の乖離率-談合疑惑関係データは除外 厚生労働省は4日、医療用医薬品の現行薬価と市場取引価格の開きを示す平均乖離率が、今年9月取引分で約8%だったとの薬価本調査の速報値を、中央社会保険医療協議会総会に報告した。 2019/12/06 10:15:12
  • 膀胱に159個も異物を入れた男 古今東西、探せば何かしら必ず行き当たるのが、異物にまつわる論文。今回は、膀胱に159個もの“アレ”を詰め込んでしまった男性の症例です。 2019/12/06 10:00:10
  • フィルゴチニブ:幅広いRA患者に有効なJAK1阻害薬 【開発中の注目の薬剤】MTX未治療からbDMARD効果不十分例まで幅広い関節リウマチ患者で有効性が認められている「フィルゴチニブ」についてご紹介します。 2019/12/06 10:00:00
  • 抗核抗体が異常、考えられる原因は? 年齢や性別で変動しやすい値は患者さんの一喜一憂につながることも。原因を可視化して伝えれば患者さんも安心です。スライド監修は獨協医科大学病院の志水太郎氏。 2019/12/06 10:00:00
  • ノーベル化学賞 吉野彰さん ストックホルム到着 授賞式出席へ ことしのノーベル化学賞の受賞者に選ばれた吉野彰さんが日本時間の6日未明、授賞式が行われるスウェーデンのストックホルムに到着しました。 2019/12/06 05:01:08
  • 乳製品摂取量と死亡リスクとの関連は? /BMJ  米国・ハーバード公衆衛生大学院のMing Ding氏らは、3件の前向きコホート研究において乳製品の摂取量と全死亡および死因別死亡との関連を検証し、乳製品の総摂取量と死亡リスクに逆相関は確認されず、乳製品の健… 2019/12/06 04:00:00
  • 高濃度乳房女性にはMRI検査の追加が有用/NEJM  きわめて高濃度乳房でマンモグラフィ検査が正常の女性において、MRIスクリーニングの追加はマンモグラフィ検査単独と比較し、2年間のスクリーニング中の中間期がんの診断件数が有意に減少することが、オランダ・… 2019/12/06 04:00:00
  • アスピリン、日本人の女性糖尿病患者で認知症リスク42%減  低用量アスピリンに認知症予防効果を期待できるのか? 兵庫医科大学の松本 知沙氏らは、日本人2型糖尿病患者の認知症予防における低用量アスピリンの長期使用の有効性を、JPAD試験の追跡コホート研究により検討し… 2019/12/06 04:00:00
  • 薬剤耐性菌の菌血症による死亡、国内で年8千例超  これまで、わが国における薬剤耐性による死亡者数は明らかになっていなかった。今回、国立国際医療研究センター病院の都築 慎也氏らは、薬剤耐性菌の中でも頻度が高いメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)とフル… 2019/12/06 04:00:00
  • インフル予防、エタノール消毒だけでは不十分なケースも?  エタノールベースの擦式手指消毒薬は広く普及し、医療機関や学校など多くの場所で手指衛生・接触感染予防を目的に使われている。しかし以前の研究で、粘液中の病原体に対してエタノール消毒の有効性が低下する可… 2019/12/06 04:00:00
  • 統合失調症患者のインスリン抵抗性有病率とその特徴  いくつかの研究において、統合失調症患者は、インスリン抵抗性リスクが高いことが示唆されている。中国・北京大学のChen Lin氏らは、中国人統合失調症入院患者におけるインスリン抵抗性の有病率および臨床的相関… 2019/12/06 04:00:00
  • 脳は馴染みのある曲を瞬時に聞き分ける  ラジオから馴染みのある曲が流れてきたときに、すぐにメロディや歌詞を全て思い出せたという経験は誰にでもあるだろう。英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン聴覚研究所のMaria Chait氏らが行った研究で、人間の… 2019/12/06 04:00:00
  • 片頭痛の急性期治療にubrogepantは有望  米国Albert Einstein 医科大学のRichard B. Lipton氏らは、中等症から重症の片頭痛発作に対する急性期治療として、経口カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)受容体拮抗薬のubrogepantの有効性と忍容性をプラセボを対照に評価する臨床試験を行い、ubrogepant群は2時間後の痛み解消と症状改善が見られた患者の割合が高かったと報告した。結果はJAMA誌2019年11月19日号に掲載された。 2019/12/06 00:00:00
  • 薬剤耐性菌により日本で年間約8000人が死亡  国立国際医療研究センター病院AMR臨床リファレンスセンターは12月5日、日本での薬剤耐性(AMR)による推定死亡者数を発表した。日本の薬剤耐性菌の中でも頻度が高いメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)とフルオロキノロン耐性大腸菌(FQREC)について、それぞれの菌血症による死亡者数を検討した。 2019/12/06 00:00:00
  • セロトニン再取り込み阻害・セロトニン受容体調節の両作用を併せ持つ抗うつ薬  2019年11月27日、抗うつ薬ボルチオキセチン臭化水素酸塩(商品名トリンテリックス錠10mg、同錠20mg)が発売された。本薬は、9月20日に製造販売が承認され、11月19日に薬価収載された。適応は「うつ病・うつ状態」、用法用量は「成人、1日1回10mgを経口投与。なお、患者の状態により1日20mgを超えない範囲で適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔を空けること」となっている。 2019/12/06 00:00:00
  • 吸入指導への報酬、対象患者を絞って導入か 2019年12月4日に中央社会保険医療協議会(中医協)総会が開催され、薬剤師の対人業務に対する評価について議論が交わされた。薬局では対物業務から対人業務へのシフトが求められているが、厚生労働省のデータによると、技術料に占める調剤料の割合は50%超と高止まりする一方、対人業務を評価する薬学管理料の割合は21%にとどまっている。そこで、厚労省は、薬局で実施されている業務の実態を踏まえ、以下の4つの取り組みへの評価に対して、委員の意見を求めた。 2019/12/06 00:00:00
  • 混合を避けるべき軟膏製剤  熱傷(やけど)は、傷害の深さに応じてⅠ度(表皮まで)、Ⅱ度(真皮まで)、Ⅲ度(皮下組織まで)の3段階に分けられ、さらにⅡ度熱傷については浅達性と深達性に分類される。 Ⅱ度熱傷の初期治療においては、創面の湿潤環境を保持することが重要と考えられ、日本皮膚科学会の「熱傷診療ガイドライン」では、酸化亜鉛、ジメチルイソプロピルアズレン(商品名アズノール)、ワセリンなどの油脂性基剤軟膏が推奨されている1)。抗菌薬含有軟膏も油脂性基剤の軟膏であり、創面保護や湿潤環境維持の目的で使用されるが、同ガイドラインでは、長期に使用すると耐性菌の発生を招く恐れがあり、短期間の使用に限るべきである1)としている。また、深 2019/12/06 00:00:00
  • 働き方改革を実感させられた医薬品卸の対応 2019年11月のある日曜日、地域の休日夜間対応の当番薬局を引き受けた時の話です。 2019/12/06 00:00:00
  • ひどい咳にコデインリン酸塩は禁忌?  さて、西根さんの個別指導は、いよいよ4人目になりました~。続いての患者さんは、こんな感じです~。高血圧、脂質異常症、2型糖尿病のいつもの薬に加えて、かぜを引いた後に、咳がひどくなってきたときの処方です~。(コンコン) 2019/12/06 00:00:00
  • 国産ワイン黎明期の醸造技術 くせ字で読めない資料解読へ 山梨 国産ワインの生産を目指して明治時代にフランスに派遣された男性2人が本場の醸造技術を日本に伝えた書簡集について、判読する作業が山梨県甲州市で行われていることが分かりました。 2019/12/05 18:51:49
  • 来年の年賀はがき 販売佳境 “終活年賀状”も ことしも残すところ1か月を切り、都内の郵便局では令和になって初めてとなる来年の年賀はがきを買い求めようと、多くの人が訪れています。 2019/12/05 17:11:01
  • イタリアで体調崩した松本零士さん帰国 「うれしい」 「銀河鉄道999」などの作品で知られ、イタリアで体調を崩して入院していた漫画家の松本零士さんが5日帰国し、「日本に帰ってこられてうれしい」などと述べました。 2019/12/05 16:14:04
  • 病院外での心筋梗塞判断、あのデバイスによって実現する? Apple Watchだけで、その人が心筋梗塞を起こしているかどうかを医師が判定できる可能性があることを示した報告書を、サンカルロス病院(スペイン)のMiguel Angel Cobos Gil氏が「Annals of Internal Medicine」11月26日号に発表した。 2019/12/05 15:30:23
  • 生体軟組織の電気分極を発見し画像化に成功、新規診断ツール開発に期待-東京農工大 東京農工大学は、アキレス腱や大動脈などの線維状の生体軟組織が超音波により電気的に分極することを発見し、生体環境に近い湿潤状態において、その電気分極の画像化に成功したと発表した。 2019/12/05 12:00:11
  • ノーベル化学賞の吉野彰さん 授賞式に向け出発 ことしのノーベル化学賞に選ばれた吉野彰さんがスウェーデンで開かれる授賞式に向けて出発しました。 2019/12/05 11:55:16
  • フォシーガ、左室駆出率が低下した心不全対象P3試験の追加解析で一貫した効果-英AZ 英アストラゼネカ社は、SGLT2阻害剤フォシーガ(一般名:ダパグリフロジン)の第3相DAPA-HF試験の5つの追加解析より、同剤の標準治療への追加は、プラセボと比較して、主要複合評価項目の入院または緊急受診と定義される心不全の悪化、あるいは心血管(CV)疾患を原因とする死亡の発現リスクを低下させることを示唆したと発表した。 2019/12/05 11:45:58
  • 食後の血糖値上昇抑制が期待される新成分、「小豆」から発見-三重大ほか 三重大学は11月28日、小豆に含まれる糖代謝酵素阻害作用を示す成分を複数同定し、そのうちの1つが新規成分であることを発表した。 2019/12/05 11:30:43
  • エビやカニに含まれるアスタキサンチンに、COPD改善効果があることが判明-大阪市大 大阪市立大学は、抗酸化物質でカニ、エビなどの甲殻類や鮭に含まれるアスタキサンチンがCOPDの肺気腫の予防に効果的であることを明らかにしたと発表した。 2019/12/05 11:15:25
  • 大人もかかる溶連菌、服薬から24時間が感染予防のカギ 溶連菌は、くしゃみや咳などから人にうつりますが、抗菌薬の服用から24時間以降は感染力が消失するという報告があります。手洗い・うがい・マスクを徹底して、感染拡大を防ぎましょう。 2019/12/05 10:00:10
  • バルドキソロンメチル:世界初の腎機能改善薬となるか 【開発中の注目の薬剤】世界初の腎機能改善薬となる可能性を秘めた糖尿病性腎臓病治療薬「バルドキソロンメチル」についてご紹介します。 2019/12/05 10:00:00
  • 25年前の悲劇 とある学術集会で、学生時代の留学仲間と25年ぶりの邂逅を果たしたDr.中島。久々の思い出話で真っ先に出てきたのが、25年前の悪夢のような出来事です。相手の反応はというと… 2019/12/05 10:00:00
  • 遠隔筋肉の虚血を誘導しても、急性心筋梗塞患者の予後は改善しない(解説:佐田政隆氏)-1150 骨髄に多分化能を有した幹細胞が存在して、骨髄細胞を梗塞心筋に注入すると心機能が改善するという動物実験がこの15年位前に次々と報告された。当初は、骨髄細胞が心筋細胞や内皮細胞に分化すると認識されていたが… 2019/12/05 10:00:00
  • 書籍紹介『チームで取り組む免疫チェックポイント阻害薬治療』 医師、看護師、薬剤師をはじめとするがん診療に携わるすべての医療スタッフに向けて、免疫チェックポイント阻害薬の基礎から最新の治療まで幅広く解説した。チームとしての具体的な取り組みに関する記述も充実し、チームとしてirAEに対処するために必要な知識をまとめた1冊。 2019/12/05 09:59:30
  • 異常気象 豪雨や猛暑の日本が世界で最悪の被害 独の環境NGO ドイツの環境NGOは、去年1年間に異常気象で世界で最も深刻な被害を受けたのは、記録的な豪雨や猛暑に見舞われた日本だったとする分析を発表し、温暖化対策の強化を呼びかけました。 2019/12/05 06:16:24
  • “ゲノム編集”で子ども誕生 規制の在り方検討へ 厚労省 遺伝子を自在に操作できる「ゲノム編集」を行ったヒトの受精卵から、子どもを誕生させる行為の規制について検討する厚生労働省の専門家会議が開かれ、法的な規制が必要という意見が大勢を占めました。厚生労働省は今後、具体的な規制の在り方を検討するとしています。 2019/12/05 06:00:51
  • イタリアで体調崩した松本零士さん 退院し帰国へ イタリアで体調を崩し、入院していた漫画家の松本零士さんが4日、現地の病院を退院しました。病院は、松本さんの健康状態は良好だとしています。 2019/12/05 04:46:13
  • COP25「温暖化で積雪残る期間短く生態系に影響」 研究報告 スペインで開かれている「COP25」で、国連の専門機関の研究者が、温暖化によって雪が残る期間が短くなり生態系に影響が出始めていると報告しました。 2019/12/05 04:44:31
  • 被爆の「旧陸軍被服支廠」3棟のうち2棟の解体方針案 広島県 広島県は、原爆の惨状を伝える代表的な被爆建物の1つ、「旧陸軍被服支廠(ひふくししょう)」について、築100年以上がたち維持管理のための財源確保が難しいことなどを理由に、所有する3棟のうち1棟のみを保存し、2棟を解体する方針案を明らかにしました。 2019/12/05 04:30:04
  • てんかん重積、レベチラセタムvs.ホスフェニトインvs.バルプロ酸/NEJM  ベンゾジアゼピン系薬治療抵抗性の痙攣性てんかん重積状態の患者に対し、静注用抗痙攣薬レベチラセタム、ホスフェニトイン、バルプロ酸は、いずれも効果は同等で、約半数で1時間以内に発作停止と意識レベル改善が… 2019/12/05 04:00:00
  • PM2.5短期曝露の入院リスク・コスト増、敗血症や腎不全でも/BMJ  微小粒子状物質(PM2.5)への短期曝露は、これまでほとんど知られていなかった敗血症、体液・電解質異常、急性・非特定腎不全による入院リスクや入院日数、入院・急性期後治療費の大幅な増加と関連していることが… 2019/12/05 04:00:00
  • 飲酒と喫煙に対する健康政策はがん死を減らせるのか  長期の飲酒と喫煙はがんの危険因子として認識されているが、飲酒と喫煙に対する公衆衛生政策ががんの死亡率に与える影響は検討されていない。今回、オーストラリア・メルボルン大学のHeng Jiang氏らが、オースト… 2019/12/05 04:00:00
  • プライマリケアにおけるベンゾジアゼピン減量戦略  ベンゾジアゼピンは一般的な医療用医薬品であり、成人の約10%において、過去1年間で使用されている。これらの薬剤は依存性があり、多くの患者に対し長期間使用され、長期的な副作用も認められている。英国・NHS … 2019/12/05 04:00:00
  • 深い眠りが脳の老廃物の除去を促す?  深い眠りについている状態であるノンレム睡眠中に、脳内の有害物質が洗い流されている可能性が米ボストン大学のLaura Lewis氏らの研究で示唆された。脳内を循環する脳脊髄液により老廃物の排出が促されることは知… 2019/12/05 04:00:00
  • 肥満と糖尿病の蔓延を背景に膵臓がんが世界的に増加  世界規模で膵臓がんが増加しており、その背景に肥満や糖尿病の蔓延が関係している可能性が報告された。テヘラン医科大学(イラン)のReza Malekzadeh氏らが、世界195カ国のデータを統合し消化器がんの世界的傾向… 2019/12/05 04:00:00
  • 一過性蛋白尿で心血管死リスクが上昇、一過性eGFR低下は関連せず  一過性の蛋白尿が心血管疾患(CVD)による死亡リスクの上昇と関連する一方、一過性の腎機能(eGFR)低下は有意なリスクでないことが、30万人以上の特定健診データを追跡した結果から示された。筑波大学医学医療系… 2019/12/05 03:59:55
  • 米国で便移植を受けた患者が菌血症を発症  米国Harvard大学医学部のZachariah DeFilipp氏らは、便細菌叢移植(FMT)の臨床試験において、ドナーのスクリーニング基準が甘かったために、FMT後に基質拡張型β-ラクタマーゼ(ESBL)産生大腸菌による菌血症を発症した2例を経験し、1例は死亡したという症例報告を行った。詳細はNEJM誌2019年11月21日号に掲載された。 2019/12/05 00:00:00
  • 10~45歳の肥大型心筋症関連心臓突然死発生率は意外と低い 10~45歳の一般集団における肥大型心筋症(HCM)関連心臓突然死の発生率を推定するカナダの観察研究で、HCM関連心臓突然死はこれまでの報告より発生率が低く、多くはHCM診断歴のない人に発生し、運動に関連した発生頻度が低いことが示された。 2019/12/05 00:00:00
  • 厚労省、同一薬局利用を進める3つの提案 中央社会保険医療協議会(中医協)総会が2019年12月4日に開催され、2020年度調剤報酬改定に向けて、薬剤服用歴管理指導料に関して議論が行われた。 2019/12/05 00:00:00
  • 薬剤師業務とNPの特定行為の兼ね合いは? 医師の働き方改革の一環で、薬剤師へのタスクシフト/シェアが進められる中、しばしば話題に上がるのが、2010年に発出された厚生労働省医政局長通知「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について」だ。 2019/12/05 00:00:00
  • 福島 聖火リレー出発地付近で周辺より高い放射線量測定 東京オリンピックの聖火リレーのスタート地点となる、福島県の「Jヴィレッジ」の近くで、周辺より高い放射線量が測定され、今月再び除染が行われていたことが環境省への取材で分かりました。 2019/12/04 19:30:10
  • 超小型衛星の相乗り仲介 JAXAからベンチャー企業に移管へ 日本の主力ロケット、H2Aロケットなどの余ったスペースに、超小型衛星を相乗りさせる機会を仲介する業務を、JAXA=宇宙航空研究開発機構は東京のベンチャー企業に移管することになりました。 2019/12/04 17:09:45
  • 福島第一原発 排気筒切断 遠隔操作装置トラブルで作業員が実施 東京電力福島第一原子力発電所では、排気筒を解体する遠隔操作の切断装置にトラブルがあったため、代わりに作業員が排気筒の上部に登り、切断する作業を行いました。 2019/12/04 16:48:12
  • がん細胞が「歩いて」転移/浸潤、タンパク質「STIL」が関与と同定-愛知医大と京大 愛知医科大学は、がん細胞の運動能を生み出すのに必須なタンパク質として「STIL」を同定したと発表した。。 2019/12/04 12:00:43
  • ネット検索 ことし急上昇した人物や作品は… インターネットの大手検索サイトでことし最も検索数が上昇した人物などを表彰する「検索大賞」が4日発表され、大賞には俳優の横浜流星さんが選ばれました。 2019/12/04 11:58:28
  • 腎臓から造血幹細胞を分離する手法を開発、ゼブラフィッシュの研究で-金沢大 金沢大学は、ゼブラフィッシュの成体から造血幹細胞を分離する手法を開発したと発表した。。 2019/12/04 11:45:31
  • 世界初、ヒトの全胞状奇胎から細胞モデルを作ることに成功-東北大 東北大学は、ヒト全胞状奇胎由来胎盤幹細胞株の作製に、世界で初めて成功したと発表した。。 2019/12/04 11:30:19
  • 脳の「休眠状態」が、リソソーム活性の変動で制御されていることを発見-京大 京都大学は、成体脳内の神経幹細胞の増殖・休眠がリソソーム活性の変動によって制御されていることを見出したと発表した。。 2019/12/04 11:15:06
  • 【日薬連】添付文書電子化の対応強化-改正薬機法成立で検討開始 日本製薬団体連合会は、11月27日に改正医薬品医療機器等法が成立したことを受け、添付文書情報の電子化などへの対応を強化していく。 2019/12/04 10:30:35
  • 【横浜労災病院薬剤部】病院業務、薬局薬剤師が応援-急場の人材不足解消に試行 横浜労災病院薬剤部は、地域の薬局薬剤師に1日数時間だけ調剤関連業務の一部を担当してもらう「応援薬剤師制度」を立ち上げ、今年2~3月の2カ月間試行した。 2019/12/04 10:15:58
  • 医師が選んだ「2019年の10大ニュース」! 年末の風物詩「10大ニュース」を、医師が選ぶとどうなるか?CareNet.com医師会員約500人にアンケートを実施し、選ばれたニュースTOP10を発表します! 2019/12/04 10:00:10
  • G47Δ:悪性神経膠腫治療に対するウイルス療法 【開発中の注目の薬剤】世界初の単純ヘルペスウイルスベクターを用いた抗腫瘍免疫増強法「G47Δ」についてご紹介します。 2019/12/04 10:00:00
  • コスパもうまさも満足できる野菜のとり方 野菜をたっぷり食べないといけないのは周知の事実。しかし、苦手食材であるばかりか、調理法の難しさや値段の高さがネックになっていませんか?今回はそんな問題の解決法を紹介します。 2019/12/04 10:00:00
  • ガリレオもびっくり!(解説:後藤信哉氏)-1149 大動脈弁狭窄症の標準治療としてTAVIが普及している。TAVIも人工弁なので、抗血小板薬併用療法よりも抗凝固薬療法のほうが適しているのではないかと思っていた。しかし、GALILEO試験の結果は予測を覆した。1,644例… 2019/12/04 10:00:00
  • 中止されたPPIを胃潰瘍リスクで評価して復活 今回は、既往歴や患者情報からPPIが「処方されていない」ことに疑問を持ったところから始まった処方提案です。PPIが必要な状態を整理し、追加提案に至るまでのポイントの整理と実際の提案方法について紹介します。 2019/12/04 09:59:00
  • 通信途絶えたインドの無人探査機 月面で残骸発見 世界で初めて月の南極への着陸を試み、着陸直前で通信が途絶えたインドの無人探査機の残骸が月面で発見されました。 2019/12/04 07:27:15
  • 「はやぶさ2」地球に向けて飛行開始 1年後にカプセル分離へ 日本の探査機「はやぶさ2」は、3日から地球に向けて本格的な飛行を開始していて、およそ1年後に小惑星の岩石の破片が入ったと見られるカプセルを分離して地球に落下させることになっています。 2019/12/04 05:10:28
  • 脳卒中後、CVイベント抑制のためのLDL-C目標値は?/NEJM  アテローム性動脈硬化が証明され、虚血性脳卒中または一過性脳虚血発作(TIA)を発症した患者では、LDLコレステロール(LDL-C)の目標値を70mg/dL未満に設定すると、目標値90~110mg/dLに比べ、心血管イベントの… 2019/12/04 04:00:00
  • AI活用、24時間顧客問い合わせ対応のシステム導入/塩野義製薬  塩野義製薬株式会社は、人工知能(AI)を活用した自動会話プログラムで製品に関する問合わせに回答するAIチャットボット「DI chat (Drug Information Chatbot)」を導入し、2019年12月2日より運用を開始したと発… 2019/12/04 04:00:00
  • デュピルマブ、中等症~重症の思春期アトピー性皮膚炎への第III相試験結果  アトピー性皮膚炎(AD)に対する初の生物学的製剤であるデュピルマブについて、コントロール不良で中等症~重症の思春期(中央値14.5歳)AD患者に対する第III相の無作為化二重盲検並行群間比較試験の結果が報告さ… 2019/12/04 04:00:00
  • うつ症状に対するポリフェノールの影響~システマティックレビュー  うつ病は、世界中で3億5,000万人が罹患している気分障害である。最近の研究では、うつ病に対して食事が保護的な役割を果たすことが示唆されている。いくつかのシステマティックレビューでは、うつ症状の軽減に地… 2019/12/04 04:00:00
  • 出産歴による乳がん検診開始年齢を検討/Eur J Cancer  乳がんリスクに出産歴が影響することは認識されているが、現在の乳がん検診ガイドラインはこの因子によるリスクの違いが考慮されていない。乳がんリスクが高い女性は早期の検診が必要であることから、ドイツ・Ger… 2019/12/04 04:00:00
  • 電子タバコ関連の肺疾患が1,888件まで急増、米CDC  米疾病対策センター(CDC)は10月31日、電子タバコの使用に関連した重篤で死に至る可能性もある肺疾患の報告が1,888件に達したと発表した。1週間前の1,604件から急増し、アラスカ州を除いた全ての州から症例が報… 2019/12/04 04:00:00
  • 再発・難治性慢性リンパ性白血病、小リンパ球性リンパ腫治療薬、ベネトクラクス発売/アッヴィ  アッヴィ合同会社は、2019年11月22日、再発/難治性の慢性リンパ性白血病(CLL)および小リンパ球性リンパ腫(SLL)の治療薬として、経口BCL-2阻害薬ベネトクラクス(商品名:ベネクレクスタ)を発売した。  ベ… 2019/12/04 03:59:50
  • トロポニン値は患者の予後にどう影響する?  英国の心血管疾患センター5施設を受診し、トロポニン検査を受けていた約26万人の患者を対象に、トロポニン値と総死亡率の関係を検討する後ろ向き研究を行った英国Hammersmith病院のAmit Kaura氏らは、トロポニン値が正常域上限を超えた患者は、年齢にかかわらず死亡率の増加が認められ、過剰な死亡は検査後数週間に集中的に発生していたと報告した。結果はBMJ誌電子版に2019年11月21日に掲載された。 2019/12/04 00:00:00
  • MI後の心室中隔穿孔、手術死亡率は3割 日本国内の施設にて心臓血管外科手術を受ける成人患者に関する術前の身体状況や手術結果を集計するデータベースを用いて、心筋梗塞(MI)後の心室中隔穿孔の外科的修復術に関する7年間のデータを調べたところ、術後30日以内の手術死亡率は33%だった。 2019/12/04 00:00:00
  • 免疫チェックポイント阻害薬のフォローを薬局で  ニボルマブ(商品名オプジーボ)をはじめとする免疫チェックポイント阻害薬(ICI)の副作用マネジメントに、医療機関と薬局が連携して取り組む試みが、2019年12月、福岡市内でスタートする。お薬手帳用シールや副作用確認シートなどのツールを活用し、地域一丸で副作用の予防・早期発見、管理を目指す。 2019/12/04 00:00:00
  • ニザチジンからもNMDAが検出、自主回収に  ゼリア新薬工業(東京都中央区)は2019年12月3日、H2受容体拮抗薬アシノン錠75mg(一般名ニザチジン)を自主回収することを発表した。重篤な健康被害または死亡の原因となり得る可能性がある「クラスⅠ」での自主回収だ。 厚生労働省は19年9月17日、欧米でラニチジンの製剤および原薬から微量のN-ニトロソジメチルアミン(以下、NDMA)が検出されたことを受け、製造販売業者に対して、「ラニチジン塩酸塩等における発がん性物質に関する分析について(依頼)」を発出し、日本国内の製造販売業者に対し、ラニチジンと類似の化学構造を有するニザチジンについても分析を指示した(関連記事:全ての製薬会社がラニチジンを自主回収)。 同社 2019/12/04 00:00:00
  • アゾセミドやフロセミドの処方は“アレ”を意識せよ!? ではでは、前回の続きです~。指導官「では、エリキュース(一般名アピキサバン)の用量の確認はできているとして……、あとは、アゾセミド(商品名ダイアート他)ですね。先ほど、アゾセミドは『下腿の浮腫に対して』の処方という認識だったようでしたが、もう一度、お尋ねしますね。『浮腫』は“症状”です。“疾患”としては、『うっ血性心不全』の可能性がありますが、把握はされていますか」 2019/12/04 00:00:00
  • 調剤基本料2の薬局の拡大が濃厚に 中央社会保険医療協議会(中医協)総会が2019年12月4日に開催され、2020年度調剤報酬改定に向けて、調剤基本料について議論が行われた。 2019/12/04 00:00:00
  • グレタさん COP25参加へ まもなくポルトガル到着 地球温暖化対策を訴える16歳の活動家、グレタ・トゥーンベリさんがスペインで開かれている温暖化対策の国連の会議、COP25に参加するため、訪問先のアメリカから船で大西洋を横断しまもなく隣国ポルトガルに到着します。スペインには4日にも到着する予定でCOP25での活動に関心が集まっています。 2019/12/03 19:06:19
  • 「艦船廃水を不法投棄の疑い」米有力紙報道 業者は否定 横須賀 アメリカの有力紙は、アメリカ海軍と契約している日本の業者が、艦船から出る廃水を神奈川県横須賀市などの港で不法に投棄した疑いがあるとして、アメリカ政府当局が捜査を進めていると伝えました。この業者はNHKの取材に対し「事実無根だ」と否定しています。 2019/12/03 13:17:47
  • 「はやぶさ2」小惑星探査終え地球帰還へ 本格的な飛行開始 日本の探査機「はやぶさ2」は、およそ1年後の地球への帰還を目指し、メインエンジンを使った本格的な飛行を開始しました。 2019/12/03 12:10:09
ページの先頭へ